2011年01月03日

2011年、明けました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
あけましておめでとうございます。
2011年も、みなさま、よろしくお願い申し上げます。

大晦日から昨日まで帰省し、夫婦の実家、大阪と岡山でゆっくりしていました。ところが、移動中になのか風邪をもらい、健康面では苦しいスタートとなってしまった。

風邪で苦しむ中、お正月恒例の箱根駅伝をテレビ観戦。実に18年ぶりの総合優勝を果たした早稲田大学ですが、優勝インタビューで「みんなのため」、「チームのため」、「卒業する4年生のため」というコメントに心を打たれました。そういえば、昨年のサッカーW杯での日本代表の活躍で注目されたのも、チームの結束力。プロ野球で史上最大の下剋上?を果たした千葉ロッテマリーンズの優勝メンバーのコメントのなかにも「チームのため」という言葉をよく聞きました。

ひとつの目標に向かって、チームのために己の持てる力を出し切る、スポーツのすばらしさを年始早々改めて確認することができ、今年の僕も、そういうチームをつくりあげること、あるいはハイレベルなチームに属して、チームのメンバーとともに事を成し遂げることに貢献していきたいと強く思った次第です。

2011年ですが、プライベートで早速1/23(日)にひとつの山場を迎えます。ここ2年来目標に掲げていたフルマラソン完走。湘南国際マラソンに出場します。風邪などひいている場合ではなく、本当は昨日も今日も走って調整をしたいところですが、まずは風邪を治して、万全の体調で、当日を迎えるようにしたいと思います。4時間をきりたいとか、考えていましたが、とにかく完走を目指して、最後の調整に励みたいと思います。

今年の目標はその他にもありますが、会社での発表会が済ませてから、再度まとめてこの場で公表します!

最近月刊誌並みの更新頻度になりつつある、このブログをもっとマメに更新することも目標に入れようと思っています。

ともかく今年もよろしくお願い致します。
posted by motti at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年12月10日

ジュニアの保護者向けのサッカーサイトを立ち上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
sakaiku.gifすっかり報告が遅くなってしまいましたが、12/6から新しく、ジュニア世代の保護者向けを対象としたサッカーサイトを当社で立ち上げました。

サカイク  http://www.sakaiku.jp
 「サッカー×教育」で「サカイク」です。
サッカーが心底楽しい、大好きという子どもを増やせば、 日本サッカーはもっと強くなるはずです。
そのためには、指導者の力だけではなく、最も子どもとの関わりが深い保護者のみなさんの力が必要なのです。
サカイクは、その保護者の皆さんの支えになります。

『子どもの笑った顔を見たい』
『子どもと同じ時間を共有したい』
『子どもの成長した姿を見たい』

そんな保護者のみなさんの思いに応えます。
いずれはジュニア世代向けの何かをしたいと構想をして約3年、やっと実現しました。当社は、これで小学生はインターネットメディア、中高生はフリーペーパー、大学生・社会人はフットサルというリアルの活動を、ということでサッカーを始めてから辞めるするまでの、すべての世代に何かしらの情報・サービスを提供できるようになりました。ボールを蹴ることを楽しみとする全ての人をサポートできる基盤ができた言っていいと思っています。

サカイクではメイン担当となった同僚が、新しい挑戦にチャレンジしました。彼と同様、会社全体でサッカー・フットサルをプレーして楽しむ人たちを支えることができる新しいチャレンジが今後もできたらいいな、と思っています。
posted by motti at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年11月21日

初ハーフマラソン

このエントリーをはてなブックマークに追加
上尾シティマラソンのハーフに出場してきました。

記録は1時間51分49秒
21km、あるいは1時間51分も走るといろいろある。

運動していて、カラダを動かしていて寒くなるということなど経験したこともないが、少しペースを落として汗がひき、太陽の当たらないコースを1kmほど走ると、上半身が冷えて体が動かなくなる、という事態が起きた。最後はバテバテ。上半身を保温できる対策を今後は考えないといけない。

あせってはダメ。先は長い。我慢してペースを抑えることが大事。我々素人にとって、第一の目標はやはり完走であり、記録ではない。突っ込んでしまっては長い道のり、とてもスタミナが持たない。

完走できて、よかった。

次はフルマラソンや。
posted by motti at 19:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年10月31日

絵てがみ教室

このエントリーをはてなブックマークに追加
むちゃくちゃ久々の更新です。仕事がむちゃくちゃ忙しく更新する機会を逃していました。言い訳ですね。

今日は光が丘の花とみどりの相談所で開催された「はじめての絵てがみ教室」に参加してきました。夏から我流でやってきたけれど、きちんと基本をマスターしたかったので、ちゃんとした先生の指導を受けてきました。

今まで使っていた道具からダメでした。東急ハンズで買った絵てがみセットみたいなヤツだったのですが、筆が論外。セットについていたのはいわゆる水彩ペン。線が命、色合いが命の絵てがみでは問題外でした。今回は、線を引く用に中筆を、また色をつける用に隅取筆を購入してのぞみました。きちんとした道具をそろえることはやはり大事です。

絵を描くというのはいい。何もかも忘れて集中して、画材と紙だけを見ていることができるから。自分の描いた絵が下手か上手いかなんて関係ない。柿やさつまいもにこんなにむきあったことなんて、初めてでした。

kaki.JPG

imo.JPG

posted by motti at 22:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年09月19日

日米通算記録の意味は

このエントリーをはてなブックマークに追加
約1ヶ月ぶりの更新。精神状態に左右され、更新がとまってしまいました。

イチローが日米通算3,500本安打を達成。いやぁ、すばらしい。さすがイチロー。10年連続200本安打までもあと7本とし、大ケガでもしないかぎりはもう時間の問題。

ところで、「日米通算」というのはどうしてもひっかかる。
昨年イチローは日米通算案打数で、張本勲を記録を抜いたということもあったし、先日は松井秀樹が通算打点で現中日監督の落合博満に並んだ、というニュースがあったが、この場合の松井の通算打点も日米通算。メジャーで3500安打を達成した選手はピート・ローズを含め5人とのことだが、これらの選手とイチローの日米通算を比較してはいけないと思う。

これだけ環境も、所属する選手も、レベルも違う2つの野球、ベースボールを同じ土俵に並べるのはナンセンスだ。
アメリカのメディアや記者がイチローの「日米通算」記録に興味を抱かないのも当然であり、やはりメジャーならメジャーのみ、プロ野球ならプロ野球のみ世界で記録は考えるべきであろう。アメリカのメディアでイチローの通算記録をとりあげないことに、驚きや不満の声をあげる記事を見たりもするが、日本のプロ野球においても、メジャーから日本のプロ野球にやってきた選手の通算記録を日米合算して紹介したり、取り上げたりしないじゃない。自国の選手の活躍だけをひいき目に見るのは公平ではない。

日米での記録は別。プロ野球からメジャーに渡った選手の日本での通算記録は、一度そこで途絶えるのだ。

だからイチローの安打記録は通算で日本で1,278本、メジャーで2,223本。それぞれ別個であり、それを合計して記録として何かを語ることに意味はない。下記参考記事のなかにもあるが、僕もイチローはいずれ日米通算でピート・ローズの4256本を抜くと思う。でもそれは上で述べたとおり、それぞれ歴史のある日米のそれぞれの記録において何の意味もない。イチローが4256本安打を放ったとき、記録としては、イチローのメジャーでの2978本目のヒットに過ぎない。

ただ誤解してほしくないのは、記録上の扱いと違い、日本とアメリカで合計3500本のヒットを打ったという事実は、イチローの選手としての偉大さをさらに大きくしたことは間違いはない。

[参考記事]
イチローの記録から見える“日米通算”のとらえ方 | スポーツナビ
posted by motti at 23:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月25日

Yahoo!リスティング広告のキーワード挿入機能

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!リスティング広告(昔のOverture。こっちのほうがいいやすい、書きやすい)を利用しているが、ぜひオススメしたいのが、「キーワード挿入機能」。いい例かどうかわからないけど、こういう感じ。

我々が家電を販売しているオンラインショップ「ヤマシタ家電」として、出稿しているキーワードが「デジカメ」、「液晶テレビ」、「DVDプレーヤー」の3つである、としよう。そして以下のような広告の出稿を検討している。
タイトル:○○買うならヤマシタ家電
説明文:決算セール。○○をどこよりも安い価格で販売中!さらに送料無料
この場合、「○○」のところにキーワード挿入機能を使えば、ユーザーがYahoo!で「デジカメ」というキーワードで検索すれば、「○○」のところに「デジカメ」があてはめられて広告が表示される。
タイトル:デジカメ買うならヤマシタ家電
説明文:決算セール。デジカメをどこよりも安い価格で販売中!さらに送料無料
同様に「液晶テレビ」で検索すれば、
タイトル:液晶テレビ買うならヤマシタ家電
説明文:決算セール。液晶テレビをどこよりも安い価格で販売中!さらに送料無料
と広告は表示される。ただし、「DVDプレーヤー」の場合は、タイトル(15文字)、説明文(33文字)とも文字数制限にひっかるため、表示されない。そういうときのため、補完テキストを設定することができる。ここでは仮に「家電」と設定しておくと、「DVDプレーヤー」などの場合は、以下のように表示される。
タイトル:家電買うならヤマシタ家電
説明文:決算セール。家電をどこよりも安い価格で販売中!さらに送料無料
Yahoo!の検索では、ユーザーが入力したキーワードと同じ言葉が、広告のテキストのなかに存在した場合、太字で表示されるのでより目立つことになる。上記の例では、「デジカメ」や「液晶テレビ」が太字で表示されることとなり、「デジカメ」や「液晶テレビ」に興味を持っているユーザーに、より目を引くことになる。つまりクリックされる可能性、クリック率の向上につながるわけである。

さらにキーワードと親和性の高い広告ということで、広告の品質も高くなる。品質が高くなるというのはとても重要なこと。広告の掲載順位を上げるためには、広告の出稿単価をあげることがよく知られているが、品質を向上させることも掲載順位向上につながるのだ。つまり掲載順位は「出稿単価×広告の品質」で決まる。出稿単価はコスト増を意味するが、コストをかけなくても品質を向上させることでも広告の掲載順位があがり、さらにクリック率の向上にもつながる、というわけだ。

ちなみに同様の機能はAdWordsにも存在する。リスティング広告を出稿する際には、「キーワード挿入機能」は絶対に利用するべき。さらに「代替テキスト」という機能を利用すれば、ひとつの広告でかなり柔軟な広告出稿が可能となっている。当社もこの「キーワード挿入機能」を利用してから広告の品質が向上し、クリック率も向上、掲載順位も高位置をキープする、という好循環が生まれている。

キーワード挿入機能の詳細はYahoo!リスティング広告の動画での説明を見るのがいちばんと思うので、以下のURLから参考にしてほしい。
Yahoo!リスティング広告 公式ラーニングポータル スポンサードサーチ 中級編
posted by motti at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月24日

サッカー代表監督がまだ決まらない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカー日本代表の新しい監督選びに苦戦している。

原委員長「世界で勝負して日本を任せられる監督を連れてくる」 日本代表監督選考に関するブリーフィング | スポーツナビ

じっくり決めればいいんじゃないでしょうか。9月に代表戦が2試合も組まれていることもあるが、それに間に合わせるような形で慌てて決定する必要も全くないと思うし、相手があっての交渉ごとなわけだし。

これまでの報道や原委員長の会見を見るかぎり、世界的にも実力を買われ、著名な人にお願いしようとしているわけだし、ヨーロッパや南米の指導者が、4年間東洋の端っこに来るなんて、向こうも相当の覚悟が必要なのだから。過去2回は日本とゆかりの深い人を選んだから、外国人であれスッと決まったということもあるから、時間がかかるのは仕方のないことではないでしょうか。

それはともかく協会は、4年間日本のサッカーをどうしたいから、この監督を選ぼうとしている、というのがどれだけ明確になっているのかな。原さんが7/15の時点でレポートを出して、それに基づいて監督候補と交渉を始めているのだから、原さんのレポートがある程度協会の指針と言えるのだと思うが、南アフリカW杯までの4年間とW杯を戦ったあとに、どんな指針を協会として出して監督選考に当たっているのだろうか。原さんのレポートとやらをじっくりと読んでみたい。

02年の後も、06年の後も、W杯のあと協会はしっかりとW杯の総決算をしないといけない、それができていないと話すジャーナリストがいたけれど、南アフリカ大会のあとの総決算は協会内部でできているのだろうか。もしそうであれば、ぜひその結果は知りたいと思う。どんな4年間を歩むのか、それは知りたいでしょう。そのあたり何かしら協会はレポートしないとまた騒ぐジャーナリストが出てくるでしょうね。

とはいえよほどの急展開がないかぎり、9月の代表戦は新しい監督は決まらないでのぞむことになりそう。監督が決まらずどんどん試合日程が決まっていくことに、あいかわらずの協会のマッチメイクのまずさを感じるのだが、新監督が決まらないなか、代表戦はどのような目的を立てるべきなのだろう。ニュースでは、ベストメンバーでのぞむべく海外組にも声をかけているという話も聞くが、それでいいのだろうか。

来年にはアジアカップ、南米選手権が控える。
新しい代表がどんなスタートを切るのか、楽しみではあるが、きれいなスタートとはならないようだ。

posted by motti at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月22日

絵てがみを描いてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
先週買った絵てがみセットで、絵てがみを初めて書いてみた。へたくそだけれど、最初の作品なので記念にブログにもあげておこう。(上が朝顔です。下はなすび。)

絵を描くのは楽しいけど、色を作るのが難しい。実は朝顔は本当はこんな色じゃないし、なすびももっと黒い。
朝顔.jpg
なすび.jpg


posted by motti at 12:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵てがみ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月21日

コントロールできることとできないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
MLBエンジェルスの松井が、インタビューなどでよく言うセリフ。
物事には自分でコントロールできることと、できないことがある。できないことにあれこれ悩んでも仕方がない。自分の努力では解決が困難なわけだから
若い頃からこの言葉をよく発していた。年下なのにすごい深いことを言う、と常々感心していた。裏を返せば、自分でコントロールできることにはとことん努力する、ってことなのだが、「物事には自分でコントロールできることと、できないことがある。」という見方にすごい感心をしていた。

「自分には影響を与えることのできないものを知ったうえで、自分ができることをする」というのは、自分が今いるこの条件のなかで何ができるか、その条件のなかでベストを尽くすには何をすべきかということを分かっていること。つまり「物事には自分でコントロールできることと、できないことがある。」ということが分かっている、ということは今の自分、自分の現実をしっかりと見極められているということと言える。

今、僕は今の自分の現実をしっかりと見つめられているだろうか。
自分の周りで起こった物事に対する判断をきちんと、自分ではコントロールできる、できないの上に立ってできているだろうか。コントロールできないことにヤキモキし、コントロールできることへ注力を欠いたりしていないだろうか。

今の自分はいつもしっかりと見つめているようにしたい。
posted by motti at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月19日

マーケティング

このエントリーをはてなブックマークに追加
マーケティングとは、日本マーケティング協会の1990年の定義によると
「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。」
とある。はてなキーワードによると、マーケティングとは
売るための仕組みづくり。
一般にマーケティングと言うと、「広告」の事と思ってる人が多いが、それは誤解。
製品、流通、価格、販促・広告、これら全ての要素をいかに組み合わせるかが「マーケティング」である。
とある。マーケティング=広告と思っている人など今はいないと思うのだが、広告代理店の方とかは案外そう思っているのかもしれない。また、マーケティング=リサーチと思っている人もいると思うが、これは「マーケティング・リサーチ」といえ、マーケティングの一部でしかない。

マーケティングの4Pという言葉があるが、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、販促(Promotion)の頭文字をとって4P。売るための仕組みを作るために、4つのどれが欠けてもダメで、バランスよく4つのPに対しての打ち手を講じることが必要、という考え方。思考のフレームワークとしてもよく利用される。

また上記4つすべてを押さえるとしても、リサーチをしてその結果を分析し、それぞれの大枠の戦略を考えただけで、マーケティングが完了したわけではない。例えば流通なら、どの経路だと、どういう条件で流通させることができるから、あるいは今回の商品のターゲットはこれだから、この流通経路にしようといったことを具体的に考えて、業務に乗せることもマーケティングとして必要なこと。

戦略も必要だけれど、戦術や実行部隊もマーケティングの一翼を担っている。それらがないとマーケティング、売れる仕組みづくりは解決しない。決して一部門や一人でできることではない。戦略の中で、会社としてどういう戦術で実行していくか、実行してうまくいかなかったら新しい戦術はどうするか、それを考えていくこと、そのサイクルをまわしていくこともマーケティングなのだと思う。
posted by motti at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。