2006年03月18日

WBC;今度こそ雪辱なるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

メキシコ 1−2 アメリカ → 日本準決勝進出



奇跡は起こるものなんだ。
メキシコが勝つことを心の底から願っていたが、まさか実現するとは思いもしなかった。しかも2−1という日本が準決勝に進むのに最低限必要な条件で。9回アメリカのチャンスの場面では、劇的なサヨナラが起こるとまで思っていた。神様はいるものです。



思えば、大会開催決定から開幕まで、運営方法、選手召集など国内外でいろいろ物議を醸したWBCだが、実際始まってみると日本国内で僕の予想していたよりはるかに話題になっていると思う。野球がこんなに日本中で盛り上がったのなんて久しぶりじゃあないだろうか。結構年齢の高い人たちの関心が高いことに驚きもするが、この国は野球の歴史は長いから、野球日本代表のサポータ候補は潜在的には多いと思っていた。WBCは野球に「日本代表」という視点を与えた。これが、野球界への新たなムーブメントになるかもしれない。とはいう僕も、今週はサッカーそっちのけで、野球が気になってしょうがない。



いよいよ明日は韓国とのセミファイナル。
もちろん勝ってもらいたい。TVにかじりついて応援する。とはいえ、今大会の韓国は手強い。ただ、2度対戦しても勝てなかった相手ともう一度戦うチャンスが降って沸いてきた。選手たちには全力を出してもらいたい。そして結果はどうあれ、日本には胸を張って帰ってきてもらいたい。



上原、頼む。そしてイチロー、そろそろ爆発してくれ!

posted by motti at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(19) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2006年03月05日

WBC韓国戦敗戦とJ開幕

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本  2−3  韓国



残念。
4回の日本の満塁のチャンスで見せた韓国右翼手のファインプレーがターニングポイントだった。その次の韓国の攻撃を1点に抑えたものの、その後日本はチャンスらしいチャンスを作れなかった。ま、2次リーグ進出は決めていたわけだし、ここは切りかえて。ただ次に韓国とあたるのは、2次リーグの最終戦。おそらく勝った方が準決勝にすすめるという最も重要なゲームになるはずだから、ぜひともリベンジを果たしてほしい。(イチローの結果が出ないのが気になる。)

さて、次のステージからはアメリカでゲームをすることとなるが、日本国内ではどれだけ盛り上がるのだろうか。野球というスポーツを国という視点から見る本格的な初めての大会。日本人が野球を国という単位で考えることで、野球ファンにどういう感情を与えるのか、僕はとても楽しみにしている。サッカー日本代表との比較してみるのも面白いかもしれない。



一方でJリーグが今年も開幕。
鹿島復帰の柳沢がハットトリック、マリノスの久保も2ゴールと代表でポジションを争うFW選手が活躍したようで、実に頼もしい。代表の得点力不足が否めないだけに彼らには特にがんばってもらいたい。



応援しているチームはやはりガンバ大阪。大阪をはなれてしまったが、昨年1年間ボランティアをしただけに愛着は深い。昨日のレッズ戦をTVで見たが、ゴールを量産したアラウージョ、大黒の2人が抜け、攻撃陣の連携が整っていないようだ。今季はACLにも出場しなきゃいけないし、前途多難だが何とか連覇に向けてがんばってほしい。関東にはJクラブがたくさんあるので、アウェイのゲームを見にいこうと思っている。

posted by motti at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(8) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2006年03月04日

WBC、日本2次リーグ進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本  14−3  チャイニーズ・タイペイ



初回の多村の一発がゲームを決めた。あれがなければ、不安な立ち上がりだった松坂を思えば、もっと苦しい展開になっていたに違いない。しかし何はともあれ、韓国とともに2次リーグ突破を決めたことはよかった。気がかりなのは結果の出ないイチローだが、明日も韓国に勝って3連勝でアメリカに渡ってもらいたい。



しかし、テレビで観客席を見ると空席が目立っていた。台湾戦の観客数が31,000人あまりで、昨日の中国戦にいたっては15,000人しか観客を集めることができなかった。大会の運営方法、選手の参加辞退など大会開催前にゴタゴタがあったとはいえ、今日勝てば次のステージに進めることができるというゲームに東京ドームでこの程度しか観客が集まらないというのは、かなり寂しい話。サッカーがW杯出場を決めたゲームには、無観客試合にも関わらず、わざわざタイまで出向いたサポータもいたというのに。野球人気の低迷ぶりを感じずにはいられなかった。



ということで国内での野球人気の凋落傾向の回復を図るためにも、2次リーグ、準決勝突破、そしてアメリカとの決勝戦に挑む、くらいまでは王ジャパンに最低限の課題と僕は考えている。2次リーグでアメリカと対戦したら力の差に驚かずにはいられないだろうが、アメリカとファイナルで第1回チャンピオンを争うくらいのゲームを演じることができれば、日本人にも新しい野球の見方を提供することができるのではないかと思う。
選手には、とにかくベストを尽くしてがんばってもらいたい。

posted by motti at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(23) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2006年01月08日

WBC井口辞退

このエントリーをはてなブックマークに追加

MLBホワイトソックスの井口がWBC日本代表への参加を正式に辞退した。
残念な話であるが、彼の立場を考えると仕方がないのかもしれない。大塚の辞退も予想され、メジャーリーガーがイチローだけの日本代表が本当の日本代表かといった批判、また日本だけでなく他の国も有力選手の辞退が伝えられ、大会の意義を疑う意見も多いようだ。

だが、僕は今回はメジャーリーガーも参加する国別の世界大会が開催されることに意味があり、そこに日本代表がベストと言えないまでもベターと言えるチームを送り込むことが大事と思っている。各スポーツがよりグローバルに展開される昨今、五輪競技から除外されるなど野球は明らかにそのグローバル化の逆を走っている。今までメジャーリーガーが参加する世界大会すらなかったのだから、その第1回大会にどれだけの格を求めるのだろうか。

サッカーのW杯は1スポーツの世界大会ながら、五輪と並ぶほど盛況な大会だが、第1回大会が開催されたのは1930年のウルグアイ大会で12カ国が予選なしで参加し、欧州から参加したのはフランス、旧ユーゴ、ルーマニア、ベルギーのわずか4カ国。それでもワールドカップという名前で開催されたのだ。それから76年を経て今年のドイツ大会で18回大会を迎える。第2次世界大戦中に政治に利用される苦難を乗り越えたり、アディダスのマーケティング戦略にのっとってサッカー途上国に普及させたりして発展してきたのだ。歴史が違う。

野球は歴史を今から作らなければいけないのだ。各国のスター選手が辞退しても選手を責めることはできない。WBCが所属チームで得られる報酬や名誉をこえるものを与えてくれるかどうかがわからないのだから。今は所属チーム、選手個人の事情を乗り越えて参加可能な選手のなかで最高のメンバーを集めてチームを作っていくしかないだろう。

とにかく第1回大会を開催し、何年か一度に継続的に開催するようにもっていくことが、今世界の野球界に求められていることだと思う。5年、10年のスパンではなく、30年くらいの先を見越して考えないといけないテーマだと思う。「野球の世界への普及」、「開催することに意義がある」ということを大義名分と笑い飛ばす人もいるようだが、こういった大きなビジョンこそ今は必要であり、今のままだと野球は世界に取り残されたスポーツになると思う。50年後に日本の野球選手が、日本の名誉のために代表に喜んで参加することが当たり前になる日が来ることを願っているし、第1回大会に参加する日本代表には、歴史の証人として胸を張って大会にいどんでもらいたい。

posted by motti at 14:35 | Comment(5) | TrackBack(18) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。