2009年03月24日

WBC、連覇達成。サムライ、やりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
やはりこの人がおいしいところを持っていきました。不振にあえいだイチロー。最後の最後に見せてくれました。鳥肌が立ちました。
キューバ、アメリカ、韓国をやぶっての2大会連続の優勝、立派です。本当によくやってくれました。

前回もそうだし、今大会を見ていてもそうなんだけど、日本は守備がいい。優勝最大の要因は先発・中継ぎ・抑えの投手陣だと思うし、つなぎの打線もよかった。この2つが大きかったのだが、日本の野手陣の守備の固さも素晴らしかったと思う。取るべきところでゲッツーがきちんと取れるとか、余計に塁を進めさせないとか、細かいところで特に、ディフェンスの固さが目立っていた。投手陣を中心とした鉄壁のディフェンスがチームの軸を作ったと言える。

優勝候補にも挙げられていたドミニカやアメリカなどは、ディフェンスがズタズタ。昨日のアメリカなんて本当に守備がひどかった。ケガでメンバーが抜け、本来の守備位置でなかったりというのもあったのだろうが、あれはひどかった。あんな守備だと攻撃で何点とっても足りないよ。

走攻守すべての面でトップレベルだった日本の総合力の勝利、ですな。

さてさて今回のWBCで日本は9試合戦ったわけだけど、何とそのうち5試合が韓国。韓国と何度もしのぎを削りながら頂点に立ったというのもOKなのだが、かなり変。ひとつのラウンドを盛り上げるためにダブルエリミネーション方式を採用するのはいいのだが、2次ラウンドでは、1次ラウンドの1位と2位を違う組にするとかね。大会の方式とか、大会の日程はまだまだ検討する必要はあるね。

あと、アメリカね。キューバと韓国と日本が2次ラウンドで同じになるように仕向けた?組み合せで、何とかベスト4に進出してきたけど、そのチームはベストなアメリカじゃなかったね。次の大会にはもう少し本気になってくれるかな。

もう日本チームは明日にも帰国するらしい。そう、もうまもなく日本のプロ野球も、MLBも始まる。球春到来です。イチローは今年200本安打は難しいかな、とか松坂は20勝いくかな、と楽しみが多いです。

posted by motti at 22:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2009年03月11日

ドミニカに勝ったオランダって?

このエントリーをはてなブックマークに追加
WBCで優勝候補筆頭とも言われた、ドミニカがオランダに敗れ、第1次ラウンド敗退という予想外の事態が起きた。初戦でもオランダに競り負けたドミニカは、結局オランダの壁を崩せなかった。

で、オランダ?野球ってどうなの?サッカーは強いけど、野球もやってんの?それともWBCの曖昧な国籍規約を使ってメジャーリーガーがたくさん入っているの?などなどなぜオランダがドミニカに勝てるのかが不思議なわけで、少し調べてみた。

WBC公式サイトのオランダのロースターページ(Rosters | MLB.com: Rosters)を見ると、Organization(所属)が「Netherlands」となっている選手が28人中15人。また選手名にリンクがついている2名もリンク先のMLBの選手紹介ページを見ると出生地がオランダになっている。またネットを調べてみると、オランダ国内にも野球リーグがあるらしいし、中米にキュラソー島というのがオランダの領土になるそうだが、その島では野球が盛んであり、その島の選手もオランダ代表に入っているらしい。

ところでWBCの国籍規約だが、以下の5つのうちのどれかに該当していたらよいらしい。
  • 当該国の国籍を持っている。
  • 当該国の永住資格を持っている。
  • 当該国で出生している。
  • 親のどちらかが当該国の国籍を持っている。
  • 親のどちらかが当該国で出生している。
けっこう曖昧。前回大会なぜピアザがイタリア代表なのって思ったりしたし、A国で出場した過去があれば、他の国では出場できない、といったサッカーにあるような規定もない。だからA.ロッドみたいに前回はアメリカで、今回は(出場辞退したけど)ドミニカでっていうケースも出てくる。

サッカーほど国際的とは言えないスポーツの野球としては仕方のないところもあるんだろうけど。今回の参加国は16チームだけど、厳密な国籍規定にのっとってしまえば、12チームくらいしか参加できないような気がするしね。

オランダが2次ラウンドも突破するようなことがあれば、それは「トータルベースボール」とでも語り継がれるのだろうか。

【関連エントリー】
posted by motti at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2009年03月07日

2次ラウンド進出決定。イチローもいいが、中島がよかった

このエントリーをはてなブックマークに追加
14-2、北京オリンピックチャンピオン相手に7回コールドで2次ラウンド進出を早々と決定。できすぎだ。

あとから考えるとイチローの1打席目のクリーンヒットが試合を決めたと言えるのかもしれない。チームリーダーに待望の初ヒット。それから先制点まではあっという間。初回の攻撃に大きな勢いをつけてくれた。そして2打席目のバントも見事。松坂がどでかい本塁打を浴びて1点差に迫られた直後のチャンス。試合の流れを考えての、しぶーいバント。いやぁ、役者です。最後は点差が空きすぎて集中力が途切れていたように思うけどね。

この試合のヒーローは、初回2点タイムリーを放った内川でもなく、3ランを打った村田でもなく、2番の中島だと思う。
  • 初回のイチローのクリーンヒット直後の1打席目のつなぎのセンター返し(一瞬ゲッツーかと思ったが)
  • 2回の無死満塁から選んだ押し出し四球
  • 3打席目サードを襲う強打で追加点
  • 4打席目のタイムリー二塁打で追加点
  • 最後は先頭打者として登場し、右中間へ二塁打
2番打者としてのつなぎ、あるいはポイントゲッターとしてフル回転の活躍。一昨日のブログで僕も韓国戦のキーマンとして中島を挙げていたが、僕の期待に違わぬ?活躍(なせばなる。。。: WBC開幕。勝ててよかった。韓国戦のキーマンは中島と見る。)。この大会が終わる頃には中島はすごい選手になってるよ、きっと。

明後日もう一度1次ラウンドの1位をかけて韓国と対戦することになるだろう。キム・グァンヒョンと並ぶもう一人の左腕リュ・ヒョンジンが先発してくるだろう。2次ラウンドでも韓国と対戦する可能性を考えると、キムだけなくリュも攻略して、韓国に日本への苦手意識を植え付けておきたいところ。韓国も日本に連敗はしたくないだろうから、今日以上にたいへんな試合になるだろうけどね。勝ったらでかいよー。

しかし、マスコミはおおげさに言うわなぁ。「歴史的大勝」だってさ。2次ラウンド進出を決めただけっていうのにね。勝ったほうが「歴史的」とかあまり言わんような気がするんやけど。韓国にも失礼やろ。

【関連エントリー】
posted by motti at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(2) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2009年03月05日

WBC開幕。勝ててよかった。韓国戦のキーマンは中島と見る。

このエントリーをはてなブックマークに追加
対中国、4-0。微妙な結果である。内容はどうあれ、結果がすべて、緊張感漂う初戦を完封リレーで飾ったと前向きにとらえることもできるし、明らかに格下の中国相手に4得点しかできないの?打線ちょっとやばいんじゃない、韓国の好投手相手から点を取ることができるの、不安に感じずにいられないともいえる。すべては次の試合次第。

それにしてもイチローが気になる。全く自分のタイミングでボールを待てていないように思う。スイングの軌道もおかしいもの。イチロー以外も打線はよくないね。3点をとった次の回、4回以降はわずかに稲葉の二塁打のみ。四球は多かったのだが、そのあとがつながらない。「つなぎの野球」になっていないね。ムム、不安材料ばかり。

さてさて、スポーツナビがWBC日本代表のハイライト動画ページをやっているようだ。
スポーツナビ | 野球 | WBC | 日本代表動画

今日の試合の動画として試合全体のハイライト集と、イチローの全打席。試合全体のハイライトが2分37秒に対して、イチローの全打席映像が6分58秒。イチロー倍以上。おそるべしイチロー人気。打席だけなくファインプレーの映像も入っている。このサイト、日本代表のすべての試合を配信してくれそうな雰囲気は出している。もう少し大きな画面サイズで見たいところではあるが、試合のライブ放送を見逃した場合とか、大会が終わって少し時間が経ってからとかに見ることができるとうれしいかもしれない。

われらが侍ジャパンの次の1戦は、明後日7日。おそらく韓国が相手だろう。次がこの1次ラウンドでの山場。北京五輪で苦しめられた大型左腕キム・グァンヒョンの沈むスライダーをどう攻略できるか。

日本が打順を変えないとしたらキーマンは2番の中島と見る。キムに対して3番の青木が北京で3安打。この青木の前にいかにランナーをためることができるか。イチローが不確かななか、2番中島の働きが重要。イチローが塁に出れば青木にチャンスを広げる打撃、イチローが塁に出れなければ自身が出塁する。不慣れな2番という打順ではあるが、彼の活躍に期待したい。

【関連エントリー】
タグ:動画
posted by motti at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2009年03月04日

明日からWBC

このエントリーをはてなブックマークに追加
明日からいよいよWBCが始まる。
明日の相手は中国。まぁ、ここで負けるようであれば先はない。明日は楽に勝利を手にしたいところ。先発はダルビッシュらしい。WBC球にまだまだ慣れていないようでかなりの不安感が残るが、格下中国戦なだけに少し安心。もう1人の不安材料、イチローは1番に入るようだ。心配していないけど、いつ爆発してくれるか、いつ気持ちがオンになるのか、それだけが心配。

さて、今回のWBCの1次ラウンドと2次ラウンドは、大会形式が非常にややこしい。1回戦総当りのリーグ戦でもなく、純粋なトーナメント方式でもない。「ダブルエリミネーション方式」。簡単に説明すると、勝ち上がり段階で、2度負けた時点で敗退が決まるトーナメント方式。言葉で説明するよりも図で説明する方がはやいと思う。
tournament.gif
つまり勝者サイドと敗者復活サイドの両側から決勝進出チームが決まる。各ラウンドの勝ち上がりは上位2チームなのだが、決勝で勝つか負けるかで次のラウンドの組み合せも決まるので、決勝でも力を抜くことはできない。

また2回負けたら敗退が決定ということなので、仮に日本が明日の中国戦に敗戦した場合でも先がなくなるわけではないが、上の図のゲーム3から決勝に勝ち上がるには2試合をこなさないといけないので、ちょっとしんどい。WBCは3週間で優勝チームを決める大会であるので、少しでも試合数は少なくしたいところである。

明日の中国戦に勝ち、明後日の韓国vs台湾の勝者に勝つ、というのが理想の勝ち上がりであるが、韓国は甘くないだろうし。1戦でも落として決勝進出なら最低4試合になるので、4番目の先発投手は誰になるのだろう。調子のよい杉内かな。

少々ややこしい大会形式ではあるが、3年前の興奮がもう一度味わえるとあって、かなり楽しみにしている。

【関連エントリー】
posted by motti at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2009年02月22日

マクドナルドの「WBC日本代表応援ファイル」

このエントリーをはてなブックマークに追加
WBCの日本代表の合宿が終わり、33名から28名に絞り込まれた。和田、岸、松中、栗原、細川の5名が外れた。4,25日にはオーストラリアとの親善試合があり、いよいよこのメンバーで世界との戦闘モードに、こちらの気分もさらに盛りあがってきた。

ということで、マクドナルドに行って、WBCクリアファイルをもらってきた。クォーターパウンドチーズバーガーセットかダブルクォーターパウンドチーズバーガーセットのいずれかを買うといっしょについてくる。裏面は、球場に応援に行ったときに応援ボードとして使うことを目的としているらしい。僕がもらったものは写真のとおり「世界をつかもう」とあるが、何種類かあるようですね。

表には最終メンバーに残ることが確実だった選手、松坂、青木、川崎、岩村、小笠原、藤川の6選手。イチローはいませんねぇ。そら出てこないでしょうねぇ。他選手といっしょに出るようなモノには決して出てこないでしょうねぇ。ファンとしてはほしいですし、このクリアファイルの価値も上がったんでしょうけど。どのくらいのお金をマクドナルドが支払えば、イチローは出てくれたかも気になる。。。

3/5から始まる第1ラウンド。球場には行けないけれど、テレビの前でこれをもって応援しますか。

<表>
RIMG0022.JPG
<裏>
RIMG0020.JPG
posted by motti at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2009年02月16日

サムライ・ジャパン集結

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日からWBC日本代表の合同練習が開始。いよいよ始まりました。ずっと個人で自主トレをしていたイチローが、ウキウキしていたのが印象的。インタビューでもハイテンションなコメントを連発していた。

さて、今回のWBCを僕なり占ってみる。連覇を目指す日本だが、その道のりはきわめて険しいと思う。前回も2次ラウンドで瀕死の状態からよみがえったわけだが、今回も2次ラウンドを突破するのは至難のワザ。日本が迎える2次ラウンドはおそらく韓国、キューバ、メキシコ(もしくはオーストラリア)となるだろう。特にキューバが厄介。国際経験豊かで百戦錬磨。いやらしい野球もできるし、パンチ力もある。そして日本には闘志むきだしでいどんでくる韓国も日本にとっては嫌な相手。2次ラウンドの初戦で勝ち星を挙げることができるかが大きなポイントになるだろう。

2次ラウンドを突破するとベスト4。ここから先は運だね。アメリカ、ドミニカあたりが反対から出てくるだろうけど、ここまでくればもうどこが優勝してもおかしくないから。とにかく2次ラウンドをどう戦い抜くかだ。

ところで今日のWBC日本代表の練習になんと40,000人もの観客が集まったらしい。これはすごい。2006年のドイツW杯の前にサッカー日本代表が国内で合宿をしたときに、13,000人の人が集まってびっくりした、というブログのエントリーをしているのだが、野球だと3倍です。野球の方が3倍人気がある、とは言わないがビックリです。
posted by motti at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2008年10月28日

WBCは原監督に!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
来春のWBCの監督として巨人の原監督に要請することに決まったようだ。

今回の監督人事、もめました。
北京五輪で惨敗した星野さんが再度就任するという流れが一時できたときにはとても驚いた。北京での采配、それから負けたあとの対応を見てたらそりゃないだろうという思いだった。でも抗議するにはいちばん効果的な人が、言ってくれました。イチロー。

でも考えてみたら不思議。
サッカーの日本代表監督を選ぶのに、選手の声が影響されるということはない。また選手もそんな声を挙げているのを聞いたことがない。バレーボールとかも聞いたことがないなぁ。

これってどういうことなんだろう。
野球の国際経験不足?選手の方がはるかに国際化している?組織側の選考能力不足?組織の選考体制不足?具体的には分からないんだけど、日本野球界の球界としての問題を露呈しているような気がする。

ところで原監督のスタイルってどんなんだろう。
巨人といえばホームランバッターばかりそろえて、というイメージがあるけれど、今年の巨人は生え抜きの小兵といえる選手も活躍した。世界的に見ればパワーで圧倒的に劣る日本選手を抱えてどんなスタイルを貫くのだろう。

期待はしているけど、イチローと原監督が仲良くするところって想像ができないんだけど、どうだろう。

【関連記事】
posted by motti at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2006年03月21日

WBC;世界一!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本 10−6 キューバ



やりました、世界一。
思えば苦難の道。韓国の呪縛をなかなか解くことができず、誤審もあり、準決勝進出をあきらめかけての世界一。王ジャパン、本当によくやった。おつかれさまでした。



最大の勝因は総合力と団結力。仲間で周りを補う団体スポーツのすばらしいところを随所に披露してくれた。その中でもキーマンとなった選手が数人いた。イチロー、松中、里崎、上原、松坂の5人は大舞台での強さを見せつけてくれた。なかでもイチローは、あえて強気な発言で日本代表の全てのプレッシャーを背負い、その中でもきっちりと結果を出した。彼はこの大会でまた一段と、特に精神的に強くなったのではないだろうか。(優勝争いのできるチームに移籍した方がよいと思う。)



開幕前、開幕後もいろいろあったけれど、WBCを開催したことは、野球を世界レベルに考えてみても、そして日本野球界にとっても非常に意味のあることだったと思う。アメリカは「Baseball」がすでに自分たちだけのものじゃないことが痛いほどわかっただろう。他国の選手は、自分たちの国を背負って戦えることの喜びを十分に噛みしめることができただろう。特に中南米の国々は経済的に裕福とは言えない国も多く、国の名誉のために全力を尽くしていたに違いない。キューバの監督がファイナルの後のインタビューで、同様のことを話し、WBCの継続的な開催を訴えていたのが印象的だった。



日本にしても、野球人気の低迷が言われて久しい状況の中、世界一が人気回復のための最高のエポックとなるかもしれない。おそらくプロ野球のシーズン開幕からしばらくは野球人気は一時的に上昇するだろう。それをいかに持続させるかは、もちろん選手たちがグラウンドでエキサイティングなプレーを見せることだが、現場以外もこのブームに乗っかっていくかを十分に考えていかなければ、野球界にとっての最大のチャンスを生かすことはできない。



野球には、五輪やW杯があるが、メジャーの参加がなく真の意味での世界一を決める大会がなかった。しかし、WBCが野球をワールドワイドに変えた。日本でも野球で世界一を目指そうと思う子供たちが今後は出てくるだろう。次の大会は3年後、それからは4年ごとに開催されるようだが、今回いろいろ出た問題点を解決することは当然だが、継続的な開催はぜひともお願いしたいものだ。



選手のみなさん、おつかれさまでした。
そして感動、興奮をありがとう。

posted by motti at 23:46 | Comment(4) | TrackBack(1) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2006年03月19日

WBC;雪辱なる

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本 6 − 0 韓国 → 日本決勝進出。

6回まで息つまる投手戦。日本は序盤チャンスをつくるも得点できない展開に、過去2戦の韓国戦を思い出させる嫌な流れ。大量点を挙げた7回もそうだった。

先頭打者、松中が2塁打で出塁するも、次打者多村は送りバントを失敗する。このゲーム、ここまで日本は二つのミスを冒していた。3回1死1,2塁の場面で西岡の3塁ライナーに飛び出してしまい封殺された1塁走者青木の走塁と、4回無死2塁で内野ポップフライを打ち上げ2塁ランナーイチローを進めることができなかった松中。そしてこの多村の送りバントのミスが3度目であり、また韓国に流れが移るのではと不安に思わずにいられなかった。

ここで王監督がすばらしい采配。打撃不振のためスタメンを外された代打福留を送る。何とかしたいという気持ちが強かったのか、それとも代打での投入がかえって無心にさせたか、3球目をライトスタンドに見事に放り込む。スタメンを外された悔しさ、そして多村のミスも帳消しにする貴重な一発だった。これで吹っ切れたのか、本来の日本らしいツナギの打撃でこの回、一気に5点。この回でゲームを決めた。

そして何といっても上原のピッチングがよかった。7回を3安打完封。ピンチらしいピンチもなかった。今日の韓国戦といい、先日のアメリカ戦といい、完璧と言える投球で、上原は来年はきっとメジャーの多くの球団からオファーがくることは間違いないだろう。

奇跡の準決勝進出を果たした王ジャパンは、見事復活を果たした。このWBC、いちばんのゲームだったし、王さんのゲーム後のインタビューの顔も今大会いちばんだった。次のファイナルの相手は、キューバ。日本の先発は松坂か。アテネ五輪のキューバ戦での快投の再現を期待したい。勝っても負けても最後のゲームだ。思い切って自分たちの力を発揮してほしい。

最後に、繰り返しになるが、福留のホームラン。ホームランという結果は偶然性も高いが、多村のミスを帳消しにしたというところがいいではないか。これがスポーツだ。仲間と支えあって、仲間のミスをカバーして一つの目標に向かっていくことがスポーツの本質だ。野球というスポーツはそういう部分がわかりやすいスポーツだ、と改めて感じた。

posted by motti at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(28) | WBC | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。