2008年07月27日

マリノス公開講座最終回

このエントリーをはてなブックマークに追加
マリノス公開講座の最終回。先週提出した企画書が見事?第一次審査を通過。今日はその企画のプレゼンがあった。この後二次審査があり、マリノスが選んだ人がインターンとしてマリノスの集客活動に参加することになるのだが、結果が出るまでのお楽しみ。

他の人のプレゼンの中で話が出てきたのだが、大学生にとってチケット代がいくらくらいなら買ってもよいか、という質問に対する女子大学生の回答が印象に残った。2,000円を越えるとサッカーにお金を出すのは考えるということ。2,000円を越えるものなら、例えば服を買ったり、友達と遊んだり、というのに使いたいって。また別の大学生の男の子も同様のことを。1,500円なら間違いなく買うとも言っていた。大学生と接しないとわからない貴重な話だと思う。

午後からマリノスタウンの各施設を見学。レストルーム、食堂、ロッカー、そしてグラウンドとJクラブでも最高峰のクラブ施設、練習環境を持つ。グラウンドもJクラブの公式戦でも利用可能な広さのピッチが3面(2面が天然芝、1面が人工芝)、そして少し小さめのグラウンドが1面。我々が見学していた頃には、マリノスのジュニアユース、野洲高校が練習していた。また小さめのコートではマリノス主催の大人向けのサッカー大会が開催されていた。またメインのグラウンドの脇にはスタンドがあり、約2,000人が座って練習を見ることができるという。

しかしながら、これだけの設備がそろっていればチームが強くなるか、というと、そうでもないみたい。ここ数年の成績を見ると。。。。こうやって書かないといけないのが悲しいけれど。
marinos0031.jpg
公開講座は今日で終わり。最後に終了証をいただきました。なかなかスタジアムの現場やクラブハウスまで見れる研修はないので、貴重な体験をさせてもらった。Jクラブと直接仕事をするというのはすぐには難しいと思うが、何とかこの体験をクラブ支援という仕事につなげていきたい、と思う。

【関連エントリー】
posted by motti at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2008年07月20日

6年ぶりの日産スタジアムでのサッカー観戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜Fマリノス 0−2 鹿島アントラーズ

日産スタジアムでサッカーを見るのは、02年のW杯ファイナル以来。そうか、あれからもう6年も経つのか。

8試合勝ちに見放されたチームと首位を走るチーム、その差は歴然。前半のうちに2点をとったアントラーズは余裕綽々という感じでゲームを進め、終わらせた。

不振にあえぐマリノスは、外国人を先発から外し、水沼、長谷川、山瀬弟など若手を起用。チームに刺激でも与えようとしたのだろうが、これは全く裏目。中盤をアントラーズに支配され先制点を入るまではカウンターからチャンスを見出すのが精一杯。点が入ってからは無理に攻める必要がなくなったアントラーズの守備を崩す気配すら感じられなかった。水沼、長谷川あたりは完全にゲームから消えていた。

ニュースなど見ると選手のまとまりがないとか、選手に自信がとかの話があったが、戦術的にも問題あると思う。4−4−2でサイドハーフとサイドバックが2人でどんどんあがってくるアントラーズに対して、マリノスのサイドはサイドハーフの一人のみ。その裏を着かれてベテランDF陣が振り回されてた。いい選手がそろっているだけにもう少しやりようがあったと思うけどね。

マリノスがこのリズムの悪さを抜けるのはまだまだかかると思う。すぐにまた監督交代とかならなければいいけどね。
posted by motti at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

マリノス、現地講座

このエントリーをはてなブックマークに追加
マリノス講座の2回目。今日は日産スタジアムにて。19:00から開催されるマリノスvsアントラーズを前に日産スタジアム内の様々な施設を見せてもらった。ピッチサイド、ロッカー、VIP用施設などスタジアム内の施設をほぼ見ることができたと思う。ガンバ大阪のボランティアをしていたので万博記念競技場のなかもよく知っているが全然違う。新しいから綺麗なのは当然であるが、スケールもでかいからいろんな設備がある。以下印象に残った点を羅列。
  • VIPがアクセスしやすい正面玄関、そしてVIP室への導線。充実したケータリングサービスを提供できるだけの空間
  • ゲストハウスはバックスタンド側にもある
  • 記者へのおもてなし空間
  • コンコースがスタジアムを1周しているので、あらゆるところにショップや売店を出すことができる
  • 今年から業者を変えて売店の食べ物がおいしくなった!?
  • 今年から赤ちゃん休憩室も2箇所設置されている。
  • シーズンチケット保持者のICカードによる入場が可能
  • シーズンチケット購入者の名前がスタジアム内に掲示されている
その他、「トリコロール・ランド」というのがよい。スタジアムの外にあり、100席ほどの椅子と机が用意され、その周囲を出店や子供たちが遊べる設備が取り囲んでいる。家族連れがゲームを見るだけでなくちょっと早めに日産スタジアムに行って子供たちを遊ばせようか、といったことができる空間となっている。
marinos0011.jpg

今回日産スタジアムにはJR新横浜駅から歩いて行ったわけだが、駅からスタジアムまでの間にマリノス色が全くない。先週の講義でもマリノスの方がスタジアム周辺地域となる横浜市港区からの来場が少ないと嘆いたいたが、あまり地域といい関係を築けていないようだ。マリノスの旗とかもっと張ってもらえるようにすれば、駅に降りた瞬間からスタジアムに着くまでサポータの高揚感をあおることができると思う。

講座は来週で終わり。その前に明後日15時までに企画書を出さないといけません。遊んでられない。。。

【関連エントリー】
posted by motti at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2008年07月13日

マリノス公開講座始まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日から「横浜Fマリノス公開講座」が始まった。
参加者は学生、あるいは20代の社会人がほとんどで、どう見ても僕が最年長のようだ。

初日は午前中がJリーグの方からの講義。97年にJリーグ事務局に入局し、企画部、事業部を経て現在HRディベロップメントセンターを担当する方。97年といえばJ開幕後のバブルがはじけた頃。企画部として各クラブの経営再生を図るための取組みの話が面白かった。現在はHRディベロップメント、つまり人材育成、開発に取り組んでおり、今年から始まったJのGMスクールが活動のひとつ。GMの次はミドルマネージャー、そしてコーチの育成に努めていくそうだ。また質疑応答の中では、なかなかニュースなどでは出てこないことが聞けてよかった。

午後からはマリノスの企画管理グループ、Oさんからの講義。Oさんは今回の公開講座を仕切ってくれる人、まだ25歳であり、早稲田大学院を出て2年目。彼は院時代にマリノスのインターンをしており、ちょうどマリノスのフロントに欠員が出てそのままマリノスのスタッフとして就職された方。

今回の講座に参加している学生さんなどからしたら、Oさんみたいな就職がJクラブで当たり前のようにあると誤解してしまうのでは、と思うくらいのお話であるが、マリノスに欠員が出たことと、Oさん自信が院生の時点でビジネスマンとして将来的な可能性を感じさせるくらいの実力があった、というとても特殊な例であると思う。

さて予想以上にしっかりとした講義のあった初日。来週はスタジアムで現場研修。マリノスvsアントラーズ戦でJリーグのゲームの舞台裏をじっくりと見ることができそう。それは楽しみなのだが、22日までに観客動員のための企画書を提出しないといけないのが頭痛のタネである。。。
posted by motti at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2008年07月11日

ご縁

このエントリーをはてなブックマークに追加
SEA Globalさんから創立5周年記念パーティのご招待を受け、出席させていただきました。
100人は軽く越える人が集まる盛大なパーティでした。サッカー協会の元会長をはじめ、協会関係者、Jリーグクラブ関係者やその他サッカービジネスに関わる人たちが。。。

当社の社長とも話をしていたのだが、ビジネス、特にスポーツビジネスでは「ご縁」というのは本当に貴重なものです。SEA Global関係者もみなさまとのご縁でここまで来れた、というような挨拶をされていたが、SEA Globalの方々それぞれが作られたネットワークの強さ、大きさというものをすごく感じることのできたパーティだった。

縁、人脈、ネットワークを広げ、強くし、大きくしていくことは当社にとっても、僕自身にとってもこれからの課題。つくりあげたネットワークのなかで、多くの「仲間」といっしょにサッカー業界に貢献していけるようにがんばらないといけない、と思い直した次第です。
posted by motti at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2008年07月08日

プロダクトマネージャー

このエントリーをはてなブックマークに追加
「プロジェクトマネージャー」と「プロダクトマネージャー」。非常によく似ている言葉であるが、違う仕事。プロダクトマネージャー、あるいはそれを目指すための人のセミナーや研修がないかと調べてみる。
プロジェクトマネジメントのほうであれば、結構数もあるものだが、「プロダクト」のほうはもともとの回数が少なく、よさげな講座・セミナーもすでに終了と残念な結果。また上2件はけっこう費用もしますな。

書籍であればこのあたりが「プロダクトマネージャー」の情報源となるのだろうか。
プロダクトマネジャーの教科書

調査はもう少し進めないといけないようで。。。

posted by motti at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2008年07月03日

セミナー出席 「RIA開発 Silverlightによる開発のおさえどころはココだ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
OPEN-i セミナー|プロジェクトマネージャー、ディレクター必見!RIA開発 SilverLightによる開発のおさえどころはココだ

第2部のAdobe Flashとの比較をテーマとしたパネル・ディスカッションが面白かった。Silverlight開発ではNo.1といえるセカンドファクトリーさんとMSのSilverlight関連部門のマーケティングマネージャがなかなかネットなどでは知ることのできない情報を話してくれた。

ゴリゴリ作るのであればFlashの有効であり、Silverlightは部品を組み合せるようなイメージ。AdobeのFlexも部品を組み合せるようなイメージであるため、SilverlightとFlexの違いとなると、パネルディスカッションにいた2人も明確な違いは説明できなかった。

なぜSilverlightを選ぶのか、なぜFlash/Flexを選ぶのか、という判断は、例えば映像はどのファイル形式を利用するか、といった基準くらいしか思いうかばない。それくらいSilverlightを選択する理由というのは少ない。

ちなみにSilverlight2の正式版がリリースされるのは、今年の秋、とのこと。ただつい先日までは今年の夏、と聞いていたのでまたこれも遅れるかもしれない。このあたりもやはり不安なところである。

Silverlightに関する日本語のドキュメントが少ないことも不満な点であるが、これについては前年度(MSの決算月6月)のあまっていた予算をかけて、Silverlightのドキュメントの日本語化につとめたとのこと。来週辺りにサイトにアップされるらしい。

セミナー終了後セカンドファクトリーの方と話す機会があった。セカンドファクトリーさん内部では、すでにSilverlightとFlexで同じものを作るのに同程度の工数で製造できるくらいに達しているとのこと。

【関連エントリー】
posted by motti at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2008年06月30日

Windows Vistaがあと14時間で使えなくなる・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
会社のWindows Vistaパソコンを起動したら、下図のようなメッセージが。。。
vista_lisence.jpg
図は「13日」だけど会社のマシンでは「14時間」やったからね。びっくりですわ。
結局マイクロソフトのサポートセンターに聞いてみて、Vistaのサービスパック1(SP)1のお試し版(RC)があたっていたらしく、こいつが悪さをしていたというわけや。SP1をアンインストールしたら問題は解決したのだが、マイクロソフトさん、そりゃないやろ。お宅らがネットで公開しているソフトをインストールしただけなのになぁ。電話したときに謝罪のひとつでもあったらいいのに。

ちなみにサービスパックのお試し版かどうかは、コンピュータのプロパティを開いたときに表示される「システム」の画面に「Service Pack1 v.668」と表示されていたのが、マイクロソフトの人にそれを伝えると正式版のSP1がインストールされているのであれば、「Service Pack1」とだけ表示されるということで判断された。

また今回、上の現象が出たとき、lenovoのマシンなのでIBMのコールセンターに電話した。そうするとIBMのコールセンターからはMSのライセンス認証の電話(0120-801-734)に連絡してくれと言われた。さらにIBMからはその電話番号だと自動音声システムで普通にすると担当者と話すことができない。MSの自動音声システムがプロダクトIDを入れてくれというところで「#」などありえないボタンを3回程度押すと、担当者が出てきてくれるのでそこで事情を話してくれ、とIBMの担当者から言われた。

で、言うとおりにするとMSの自動音声システムから担当者につながったのだが、今度はMSからはVistaのSP1のトラブル専門のところに電話してくれ、と言われる始末。IBMも最初からそこを紹介してくれよ。ちなみにその電話番号は0120-805-567。

何回いろんなところに電話したことだろう。
posted by motti at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2008年06月24日

動画配信のインフラを考えるにあたって

このエントリーをはてなブックマークに追加
映像をネットにおいて一般ユーザーに見せるというインフラをどんなものを用意するかを考えるときの視点
T.インフラのディスク容量に関して
  1. 映像ファイルのエンコードレート
  2. 映像ファイルの長さ(いわゆる尺)
  3. 映像ファイルのサイズ(縦×横)
  4. 1、2、3から導き出されるファイル容量
  5. 映像ファイルの本数(ファイル数)
ファイル容量×本数で必要なディスク容量を出してみるとびっくりすることにもなる。現状ストリーミングサービスを比較的安価に提供している会社でなかなか100GB以上のディスク容量を提供しているところはない。

U.回線に関して
  1. 映像のエンコードレート
  2. 同時に映像を見る人の数
  3. 月間の映像を見る人(延べ)
  4. 月間の映像転送量
計算が難しいのが、2の同時に映像を見る人の数。1と2を掛けた数字が回線の太さを決めるわけだが、類似サービスの類似規模のものから推し測るしかないだろう。ここが多くぶれるとコストが大きくなるし、少なく見積もるとサービスを開始するときにえらい目にあう。

V.映像の種類
  1. FLASH?WMV?
  2. ストリーミング?オンデマンド?
FLASHかWMVかは現状だとどちらでも選択できるといえる。またストリーミングかオンデマンドかはできればコストをおさえてオンデマンドにしたいけど、展開しようとしているサービスがストリーミングが必須の要件であればしかたないやろなぁ。

今後何かの役に立てば、ということでメモ
posted by motti at 20:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2008年06月14日

Yahoo! UEFA EURO 2008検定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!のみんなの検定でEURO2008の検定をしている。初級、中級、上級と3レベルある。
UEFA EURO 2008検定
euro_kentei.jpg

もちろん試してみた。初級は10問全問正解、中級は少しズルして8問、上級はズルなしで8問でいちおうすべて「合格」をいただきました。上級より中級の方が答えにくい問題が多かった気がする。僕がEUROをはじめてライブ放送で見たのが96年だから、92年大会以前の問題になるとさすがに少々きつかった。

暇なときに気軽に遊べるものとして。今EUROやっていますしね。
posted by motti at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。