2011年03月16日

チャリティ個人フットサルを開催します

このエントリーをはてなブックマークに追加
被災地では依然救助、救命が続き、予断を許さない状況です。また昨晩は静岡でも大きな地震があり、不安が募るばかりではありますが、被害を受けていない僕たちは、とにかく毎日すべきことを一生懸命していくことが、いちばん大切なことと考え、前向きに生活していくしかないと、言い聞かせて今日も仕事をがんばろうと思います。

さて、当社イースリーでは、今月当社運営のフットサル場において、「チャリティ個人フットサル」を開催します。

フットサルプラスユーカリが丘
  • 3月19日(土)        13:00〜16:00
  • 3月21日(月・祝)      13:00〜16:00
  • 4月2日(土) 13:00〜16:00
  • 4月9日(土) 13:00〜16:00
  • 4月16日(土)        13:00〜16:00
  • 4月23日(土)        13:00〜16:00

フットサル武蔵浦和
  • 3月19日(土)        13:00〜16:00
  • 3月21日(月・祝)      17:00〜19:00
  • 3月27日(日)        17:00〜19:00
  • 3月29日(火)        13:00〜16:00
  • 3月31日(木)        19:00〜22:00

チャリティ個人フットサルに参加するには・・・
1.募金箱に被災地の方々への気持ちの金額を入れてください。
金額はフットサルプラスユーカリが丘:100円から、フットサル武蔵浦和は200円からとなります。

2.みなさまからいただいた募金は、日本赤十字社を通して、義援金として被災地に寄付させていただきます。

3.チャリティ個サルは、老若男女が楽しめるようフェアプレーでお願いします。
※フェアプレーを守られない場合は、ご退出をお願いすることがございます。

スポーツを通して、できること。
どれだけ被災地のみなさまのお役に立てるか分かりませんが、我々ができることをやっていきたいと思います。

感動のその先へ  〜 株式会社イースリー
posted by motti at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年12月10日

ジュニアの保護者向けのサッカーサイトを立ち上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
sakaiku.gifすっかり報告が遅くなってしまいましたが、12/6から新しく、ジュニア世代の保護者向けを対象としたサッカーサイトを当社で立ち上げました。

サカイク  http://www.sakaiku.jp
 「サッカー×教育」で「サカイク」です。
サッカーが心底楽しい、大好きという子どもを増やせば、 日本サッカーはもっと強くなるはずです。
そのためには、指導者の力だけではなく、最も子どもとの関わりが深い保護者のみなさんの力が必要なのです。
サカイクは、その保護者の皆さんの支えになります。

『子どもの笑った顔を見たい』
『子どもと同じ時間を共有したい』
『子どもの成長した姿を見たい』

そんな保護者のみなさんの思いに応えます。
いずれはジュニア世代向けの何かをしたいと構想をして約3年、やっと実現しました。当社は、これで小学生はインターネットメディア、中高生はフリーペーパー、大学生・社会人はフットサルというリアルの活動を、ということでサッカーを始めてから辞めるするまでの、すべての世代に何かしらの情報・サービスを提供できるようになりました。ボールを蹴ることを楽しみとする全ての人をサポートできる基盤ができた言っていいと思っています。

サカイクではメイン担当となった同僚が、新しい挑戦にチャレンジしました。彼と同様、会社全体でサッカー・フットサルをプレーして楽しむ人たちを支えることができる新しいチャレンジが今後もできたらいいな、と思っています。
posted by motti at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月19日

マーケティング

このエントリーをはてなブックマークに追加
マーケティングとは、日本マーケティング協会の1990年の定義によると
「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。」
とある。はてなキーワードによると、マーケティングとは
売るための仕組みづくり。
一般にマーケティングと言うと、「広告」の事と思ってる人が多いが、それは誤解。
製品、流通、価格、販促・広告、これら全ての要素をいかに組み合わせるかが「マーケティング」である。
とある。マーケティング=広告と思っている人など今はいないと思うのだが、広告代理店の方とかは案外そう思っているのかもしれない。また、マーケティング=リサーチと思っている人もいると思うが、これは「マーケティング・リサーチ」といえ、マーケティングの一部でしかない。

マーケティングの4Pという言葉があるが、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、販促(Promotion)の頭文字をとって4P。売るための仕組みを作るために、4つのどれが欠けてもダメで、バランスよく4つのPに対しての打ち手を講じることが必要、という考え方。思考のフレームワークとしてもよく利用される。

また上記4つすべてを押さえるとしても、リサーチをしてその結果を分析し、それぞれの大枠の戦略を考えただけで、マーケティングが完了したわけではない。例えば流通なら、どの経路だと、どういう条件で流通させることができるから、あるいは今回の商品のターゲットはこれだから、この流通経路にしようといったことを具体的に考えて、業務に乗せることもマーケティングとして必要なこと。

戦略も必要だけれど、戦術や実行部隊もマーケティングの一翼を担っている。それらがないとマーケティング、売れる仕組みづくりは解決しない。決して一部門や一人でできることではない。戦略の中で、会社としてどういう戦術で実行していくか、実行してうまくいかなかったら新しい戦術はどうするか、それを考えていくこと、そのサイクルをまわしていくこともマーケティングなのだと思う。
posted by motti at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月13日

プレスリリースがよく出るのは木曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加
企業がプレスリリースを配信するのが多い曜日は木曜日
http://web-tan.forum.impressrd.jp/n/2010/08/11/8587

何曜日が多いか少ないかの理由を作り手側、送り手側の事情で書いているが、受け手の事情から何曜日がいいのかを知りたい。

月曜日が少ないのは受け手側の事情が強いのではないだろうか。月曜日は受け手が週明けで忙しいから見ている暇もないのではないだろうか。

この調査結果から月曜日が少ないから多くの人が見てくれるというのは危険な発想かと。
posted by motti at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年07月23日

Yahoo!で検索順位を久々調べてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
先月下旬にYahoo!の検索順位の決定方法に変動があった(らしい)。今日、それから初めてうちの会社のホームページの検索順位を調べてみた(1ヶ月以上たってから調べてみるというから僕のSEOへの取り組み度がわかる。。。)。

すると、あるDVDの紹介ページのYahoo!での検索順位がビッグキーワードではまだまだだが、そうでないキーワードで上がっていた。軒並み10位以内、あるいは10位台に表示されるようになってきた。

Yahoo!の検索のアルゴリズムが変わったのが6/23。実はその5日ほど前に、そのDVDの紹介ページに関して、他ドメインからのリンクをはるような工夫をしていたのだが、その影響が出ていたように思う。

ちなみにその6/23のYahoo!の検索アルゴリズム変更の特徴として、SEO専門にしているDevoという会社のレポートによると、
検索順位との相関が高かったSEO要因のTOP3は以下のとおりです。
1)被リンクドメイン数
2)キーワード関連被リンクドメイン数
3)被リンクIP数
引き続き、Yahoo! JAPAN においては、被リンクのドメイン数、IP数が多いほど上位表示に有利と言えます。
「【ディーボ】100623 アルゴリズムレポートのご案内」より
まぁ当たり前のレポートなのだが、依然として外部から以下にリンクされているかが重要とのこと。がんばって外部リンクを増やしたかいがあったようだ。後日紹介するが、このDevoが提供している、あるキーワードにおける検索順位の推移をグラフ化してくれる無料ツールを見ていても6月下旬からグググっと順位を上げているのがよくわかる。

試行錯誤しているSEO対策だが、こういう結果が出てくるとうれしくなってくるね。まだまだYahoo!の自然検索からの流入は少ないので、成果が出ているとは全く言えないのだが一歩前進ということで。。。


posted by motti at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年07月21日

Google Analyticsのアドバンスセグメントを利用する

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページのログ解析でGoogle Analyticsを使っている。その便利機能としてぜひ知っておきたいのが「アドバンスセグメント」。あるユーザー層を特定して解析、分析したいときにとても有効である。例えば、Yahoo!リスティングに出稿している広告から流入してきたユーザー、Googleの自然検索(AdWordsからではない)から流入してきたユーザーがどういう行動をとったかなどが設定次第でひと目で分かる。

そもそも私も、DVDのWEBでの販売に関して、どういう経路で来たユーザーがどれくらいいて、どれくらいが直帰し、どれくらいがあるページで離脱し、どれくらいがDVD購入まで至ったか、ということが調べたいと思っていたところ、あるGoogle Analyticsのセミナーでこの機能を知った。

(1)どこから設定するか
各画面の右上に「アドバンスセグメント」という表示がある(下図参照)。通常は「全セッション」と表示されているが、そのドロップダウンリストの「▼」印をクリックすると既存のセグメントを選択する画面が表示される。
ga_adv_001.jpg

「デフォルトのセグメント」にはあらかじめAnalyticsが用意しているセグメントの一覧が表示されている。カスタムセグメントは利用者が作ったセグメントが表示されるのだが、最初は当然何もない。同画面にあるリンク「カスタム セグメントの新規作成」をクリックすると利用者が自由なセグメントを新しく作る画面が表示される。

(2)どう設定するか
新規カスタムセグメント設定画面では、左のディメンションあるいは指標から自分が絞り込みたい項目を選び、それぞれに条件を入れていく。(下図参照)
ga_adv_003.jpg

例えば、以下のような感じ
■Yahoo!リスティングから流入してきたユーザー
 ⇒ディメンション「リンク先ページ」で、「/?OVRAW」を含むもの
■Yahoo!の自然検索から流入してきたユーザー
 ⇒ディメンション「リンク先ページ」で、「/?OVRAW」を含まず、かつ、ディメンション「ソース」で、「yahoo」を含むもの

各セグメントには条件を複数追加することもできるので、商品が複数あるような場合で、「Yahoo!リスティングから商品Aのランディングページに流入してきたユーザー」といった複雑なセグメント設定もできるし、さらに「キーワード○○で入ってきたユーザー」という条件も追加することができる。

(アドバンスセグメントの設定例は次のページを参照してほしい。「Google Analyticsで試してみたいアドバンスセグメントの設定の例 | Web担当者Forum」)

僕は同様にGoogleのAdWordsとGoogleの自然検索のセグメントも作成し、DVDのページのGoogle、Yahoo!有料、自然検索ごとのセッション数やランディングページの直帰率、購入フォームでの離脱率、購入に至ったコンバージョン率などを集計している。そしてセッション数や直帰率、コンバージョン率を経路順に眺めながら、どこを強化すべきかを検討してみたりしている。

追伸
上記Yahoo!リスティングを抜き出す設定、他に方法があればぜひ知りたい。またこんな便利な設定ができるよ、という例があればぜひ知りたいと思う。ご存知の方いらっしゃればぜひ教えてください。
posted by motti at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年07月20日

Amazonと直接取引で販売する

このエントリーをはてなブックマークに追加
当社で販売しているサッカー指導者向けのDVDを4月からAmazonでも販売している。

当初はいわゆる一般の物流にのせてAmazonでも販売と考えていたのだが、取次ぎやら卸、問屋が間に入れないといけない、またはそれらが口座を作りたくないからもう1社入れてくれ、などと言われ、DVD販売の実績も少ない当社ではなかなか取引もできない状態。あちらこちらで利益を吸収されるので一般の物流に乗せるのは断念。

ということで、Amazonのe託サービスという委託販売サービスを使って、Amazonと直接取引をしている。
Amazon e託販売サービス

取引の条件は、
・委託で掛率60%
・年会費9,000円
・支払条件として月末締めの翌々月末払い

このサービスを利用すれば、法人だけでなく個人も書籍やDVDを販売することができる。条件としては、JANコードやISBNコードなどを持っていて、そのコードのラベルがAmazon側でスキャンできること。ちなみに当社のDVDのひとつはジャケットにJANコードを印刷していなかったが、JANコードのシールを作ってラッピングした上から張っている。それでも問題はない。

希望販売価格を商品登録時にこちらから登録することができるが、基本的にいくらで売るかはAmazonが決める。彼らが利益が出る範囲で販売価格を決めるので、こちら側に決定権はない。おかげさまで当社の商品はビッグヒットなDVDでもないためか、値下げされることもなく希望の販売価格で販売してもらっている。

実はある問屋さんの担当者に、掛率60%は変更してもらうことができるから、一度交渉してみたらと助言?され交渉してみたのだが、剣もホロロ。規定どおり60%でした。e託サービスを始めたばかりの頃、Amazonもこれを使ってもらいたいからそのような交渉にも応じていたのではというのが推測。

Amazonからの委託の依頼だが、まずは1つから。その販売状況により1回に委託依頼される数が調整される形である。当社のDVDもゴールキーパーのものは、現在は1つではなく、複数セットの委託依頼が来るようになってきた。

ちなみに委託依頼だが、毎週月曜の早朝に前週の販売状況を見て自動的に依頼メールが来るようになっている。Amazon側の在庫がなくなった場合に委託依頼される。また、Amazonの販売画面では、在庫がなくなった場合、在庫がないことが表示されるが、在庫がなくても予約という形で受付はしているので、前週の販売数と予約数を合わせた数量が委託依頼数されているように思う。

ということは、もし在庫が月曜日になくなってしまった場合には、次の委託依頼が来るのは翌週の月曜となるので、Amazonの販売画面では1週間以上在庫切れ表示の状態になっている。前述したように在庫切れでも予約という形で購入はできるのではあるが、ユーザーの心理として在庫切れとなった場合、購入をあきらめるという行動にも出ると思うので、これは機会損失につながっているのではないかと思う。

当社の製品のようにハウツーものとしては価格の高いものなので2〜3,000円のハウツーDVDとは違い、そんなに売れるものではないのだが、フリーマガジンのリーチ先で拾えない層への販売という点では貴重な流通経路。自社サイトで販売するように当社製品だけの告知をお願いすることはできないが、Amazonのリーチ力というのは莫大。その大規模流通と直接やり取りができるというのは余計なコストを支払う必要もないのでありがたいサービスではある。

それでも利益を考えると当社のサイトで購入してもらうのがいちばんいいのですが。

【当社のサッカー指導者向けDVD】
gkdvd-img.jpgもうGKトレーニングに悩まない!
ゴールキーパー基礎&実戦トレーニング
2枚組(disc1:55分/disc2:51分)
指導・監修:柳楽雅幸
価格:7,350円(税込)
サンプル映像はこちらから

img_ktm.jpg海外トレーニングメソッド
試合に近い状況に導くための指導法
全1枚 62分
指導・観衆:リー・マンソン
価格:5,250円(税込)
posted by motti at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年05月17日

逆営業TEL

このエントリーをはてなブックマークに追加
某サービスの電話営業を受ける。

こっちの事情をまず探って、
・だったらあなたにとってこんないいサービスないよ
・あなたは買って当然だよ、どうして買わないの
っていうアプローチ、参考になった。

向こうの話を聞いている間、何をわかったふうにしゃべっとんねん、とかなり腹が立ったんも確かやけど。

向こうがこう言えばああ言うというのも十分にマニュアル化されていたようだ。
posted by motti at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年05月14日

FAXが遠いか

このエントリーをはてなブックマークに追加
@職員室でチラシを見る

A買おうと思う

B申込書を書く

CFAXを送ろうと事務室に移動する

D事務室でFAXを送信する

このアクション、けっこう遠いみたい。

Aに至らせるまでがそもそもたいへんなのだが、それ以降のステップをもっとスムーズにしたいね。

ところで高校の先生は自分の武勇伝とか著名な教え子の話になると止まらんな。

posted by motti at 22:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年05月12日

チラシ作成、悪戦苦闘

このエントリーをはてなブックマークに追加
DVD販促のためのチラシ作成。

あふれるDMのなか、DVDを購入対象者に買ってもらうために、
・あなたのためのものだよ
・ここが他のものと違う、あたらしいんだよ
という切り口でキャッチーな言葉を考えてきたのだけど、どっぷりはまっちゃうとダメだな。
客観的に見ることなんてできなくなる。

他の人の意見を聞くことやな、そういうときは。余計に頭のなかが混乱することもあるんやけど。

いいものになったかどうかは、これでどれだけ売れるかの結果次第。
posted by motti at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。