2011年01月23日

湘南国際マラソン

このエントリーをはてなブックマークに追加
初フルマラソン、参加してきました。

第5回湘南国際マラソン

無事に完走することができ、初マラソンでサブ4を達成することができました。

練習では25km以上一度に走ったことがなかったので、25kmがひとつのポイントと思っていましたが、給水や食べ物の補給を適度にすることで、乗り切れました。それでも38kmを過ぎたらあたりからとても苦しくなり歩くことも考えましたが、最後の給水地点で飲んだゲータレードが僕を復活させ、最後まで走りきることができました。

ちなみに今回僕がレース直前、レース中にエネルギー補給するために、ウェストポーチに入れていたものは以下の2商品。

【パワーバー エナジーバー 1本】 レース30分前に食べました。
powerbar.jpg

【パワーバー パワージェル 4本】 レース中に1時間に1本ずつ食べる感じで。結局1本残りました。
powerbar2.jpg

あとは25kmを過ぎたあたりから給水所に用意されていたバナナを食べていました。また30kmを過ぎたあたりからの給水は水ではなく、ゲータレードを飲むようにしました。4時間も走るとお腹も減ります。こういった補給は絶対に必要です。今日走って痛感しました。これからマラソンを目指す人の参考になれば、と思います。

なお湘南国際マラソンはとても平坦なコース、そして湘南の海沿いを走り、天気もよければ富士山も見れるコースです。走っていてとても気持ちのいいコースでした。

それだけではなく、走っている僕たちを気持ちよく走らせてくれたのが、ボランティアの方々と沿道で応援してくれた地元の方々です。ボランティアの方はコースの給水所だけではなく、メイン会場での案内や最寄り駅からメイン会場までの立ち案内など本当に多くの方がこの大会を支えてくれました。

一方沿道の方の声援は本当に励みになりました。別に僕だけに声をかけてくれているわけではないのですが、本当に苦しいときに力をもらうことができました。中にはまるで怒るかのように檄を飛ばす方もいらっしゃって、僕の場合はそういう声の方がパワーをもらえた気がします。

自分が出場しないレースでも、こういう形で、特にボランティアで大会運営を支えたい、と思ったりもしました。

そして、フルマラソン完走にあたって、嫁さんにもお礼を行っておかないといけません。大量に出る洗濯物で迷惑をかけたり、食事も気を使ってくれたり、レース後のケアも含めて多くをサポートしてもらいました。ありがとうございました。

42.195km。
久々に感じた極限の苦しさでしたが、一歩一歩、足を進めると確実にゴールは近づいてきます。これからの人生にも大きくプラスになりそうな気がします。来年40歳を迎えますが、いいチャレンジができた、と思います。
posted by motti at 21:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年09月19日

日米通算記録の意味は

このエントリーをはてなブックマークに追加
約1ヶ月ぶりの更新。精神状態に左右され、更新がとまってしまいました。

イチローが日米通算3,500本安打を達成。いやぁ、すばらしい。さすがイチロー。10年連続200本安打までもあと7本とし、大ケガでもしないかぎりはもう時間の問題。

ところで、「日米通算」というのはどうしてもひっかかる。
昨年イチローは日米通算案打数で、張本勲を記録を抜いたということもあったし、先日は松井秀樹が通算打点で現中日監督の落合博満に並んだ、というニュースがあったが、この場合の松井の通算打点も日米通算。メジャーで3500安打を達成した選手はピート・ローズを含め5人とのことだが、これらの選手とイチローの日米通算を比較してはいけないと思う。

これだけ環境も、所属する選手も、レベルも違う2つの野球、ベースボールを同じ土俵に並べるのはナンセンスだ。
アメリカのメディアや記者がイチローの「日米通算」記録に興味を抱かないのも当然であり、やはりメジャーならメジャーのみ、プロ野球ならプロ野球のみ世界で記録は考えるべきであろう。アメリカのメディアでイチローの通算記録をとりあげないことに、驚きや不満の声をあげる記事を見たりもするが、日本のプロ野球においても、メジャーから日本のプロ野球にやってきた選手の通算記録を日米合算して紹介したり、取り上げたりしないじゃない。自国の選手の活躍だけをひいき目に見るのは公平ではない。

日米での記録は別。プロ野球からメジャーに渡った選手の日本での通算記録は、一度そこで途絶えるのだ。

だからイチローの安打記録は通算で日本で1,278本、メジャーで2,223本。それぞれ別個であり、それを合計して記録として何かを語ることに意味はない。下記参考記事のなかにもあるが、僕もイチローはいずれ日米通算でピート・ローズの4256本を抜くと思う。でもそれは上で述べたとおり、それぞれ歴史のある日米のそれぞれの記録において何の意味もない。イチローが4256本安打を放ったとき、記録としては、イチローのメジャーでの2978本目のヒットに過ぎない。

ただ誤解してほしくないのは、記録上の扱いと違い、日本とアメリカで合計3500本のヒットを打ったという事実は、イチローの選手としての偉大さをさらに大きくしたことは間違いはない。

[参考記事]
イチローの記録から見える“日米通算”のとらえ方 | スポーツナビ
posted by motti at 23:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月24日

サッカー代表監督がまだ決まらない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカー日本代表の新しい監督選びに苦戦している。

原委員長「世界で勝負して日本を任せられる監督を連れてくる」 日本代表監督選考に関するブリーフィング | スポーツナビ

じっくり決めればいいんじゃないでしょうか。9月に代表戦が2試合も組まれていることもあるが、それに間に合わせるような形で慌てて決定する必要も全くないと思うし、相手があっての交渉ごとなわけだし。

これまでの報道や原委員長の会見を見るかぎり、世界的にも実力を買われ、著名な人にお願いしようとしているわけだし、ヨーロッパや南米の指導者が、4年間東洋の端っこに来るなんて、向こうも相当の覚悟が必要なのだから。過去2回は日本とゆかりの深い人を選んだから、外国人であれスッと決まったということもあるから、時間がかかるのは仕方のないことではないでしょうか。

それはともかく協会は、4年間日本のサッカーをどうしたいから、この監督を選ぼうとしている、というのがどれだけ明確になっているのかな。原さんが7/15の時点でレポートを出して、それに基づいて監督候補と交渉を始めているのだから、原さんのレポートがある程度協会の指針と言えるのだと思うが、南アフリカW杯までの4年間とW杯を戦ったあとに、どんな指針を協会として出して監督選考に当たっているのだろうか。原さんのレポートとやらをじっくりと読んでみたい。

02年の後も、06年の後も、W杯のあと協会はしっかりとW杯の総決算をしないといけない、それができていないと話すジャーナリストがいたけれど、南アフリカ大会のあとの総決算は協会内部でできているのだろうか。もしそうであれば、ぜひその結果は知りたいと思う。どんな4年間を歩むのか、それは知りたいでしょう。そのあたり何かしら協会はレポートしないとまた騒ぐジャーナリストが出てくるでしょうね。

とはいえよほどの急展開がないかぎり、9月の代表戦は新しい監督は決まらないでのぞむことになりそう。監督が決まらずどんどん試合日程が決まっていくことに、あいかわらずの協会のマッチメイクのまずさを感じるのだが、新監督が決まらないなか、代表戦はどのような目的を立てるべきなのだろう。ニュースでは、ベストメンバーでのぞむべく海外組にも声をかけているという話も聞くが、それでいいのだろうか。

来年にはアジアカップ、南米選手権が控える。
新しい代表がどんなスタートを切るのか、楽しみではあるが、きれいなスタートとはならないようだ。

posted by motti at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月17日

Jリーグチャンネルって必要?

このエントリーをはてなブックマークに追加
序盤のつまずきでもう今年はダメだと半ばあきらめていたところ、上位陣の潰しあいのすきに前節終了時に首位との勝ち点差6の6位にまで浮上したガンバ大阪。そして今日は、万博で王者鹿島を迎え撃つ大一番。結果は試合開始早々に先制されるも、終了間際に追いつきドロー。勝てなかったのは残念だが、負けなかったことも大きい。

と、この試合のハイライトを映像で見たいと思い、放送されるかどうか分からないTVのスポーツコーナーには期待せず、ネットで映像を探してみる。23時現在、YouTube他、どのサイトにも見つけることができず、あきらめる。

ところで、YouTubeには「Jリーグチャンネル」なるJリーグの公式チャンネルがある。
http://www.youtube.com/user/jleaguechannel

「Jリーグチャンネル」と言っても、試合のハイライト映像などは公開されていない。ライブ観戦を促がすことを目的とした、プロモーションサイトである。某女子アイドルがJリーグの公式マネージャーとなり、彼女の映像が中心となっている。

正直要らない。誰をターゲットにしているのだろうか。このアイドルのことはよく知らないのだが、高校生の男子などに人気のあるアイドルなのだろうか。このアイドルがケーキを食べている映像が、なぜスタジアムに向かわせることになるのか理解に苦しむ。



こんな映像より、試合のハイライト映像、試合の熱い映像を流した方が、スタジアムの熱気が伝わるのではないだろうか。

せっかく映像のライセンスを持っているのだから、もっと有効に使ってほしい。

ファン心理で言わせてもらえれば、「公式チャンネル」と歌うのであれば、地上波での露出が少ないのだし、ハイライト映像くらい、どのテレビ局のスポーツニュースよりも早く流してくれ。

あー、今日のガンバの試合のハイライトが見たい!
posted by motti at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月14日

スポーツの面白いコラムを2つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
日経BPに連載されているスポーツに関するコラムを2つ。とても面白いのでぜひご紹介を
(すべて読むには日経BPの無料会員登録をする必要があります。)

■森本美行のスポーツ解剖学 データでひもとく試合の“真実”
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20100511/214345/

データスタジアムのエグゼブティブ・ディレクターである森本さんのコラム。現在話題は野球のセイバー・メトリックスのことに移っているが、サッカーのワールドカップ期間中はサッカーがテーマ。日本代表の試合をデータから分析したコラムが掲載されている。データスタジアムの創業者森本さんならではの、「データ分析からの視点」が新鮮だ。

こういう分析ができる人が増え、こういうコラムを書くことができる人が増えれば、日本のサッカーも変わるのかもしれない。指導・育成という点からも、ジャーナリズムという点からも。

■激走!ベンチャー・スタジアム 〜僕の楽天イーグルス創業記〜
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100624/215128/

2004年、新たに誕生したプロ野球チーム「楽天イーグルス」の創業メンバーだった南壮一郎さんのコラム。楽天イーグルスを立ち上げ前からどのようにビジネスサイドが動いてきたか、当時現場にいた南さんの具体的な取り組みを赤裸々に語っていて、スポーツビジネスの現場の様子が伝わってくる。

スポーツビジネスを目指している人、特にチームのフロントの人間として働きたいと思っている人が、若い人には大勢いらっしゃると思うが、そういう志がある人たちには、とても参考になる連載だと思う。

コラムは野球らしく、1回目が1回表、2回目が1回の裏という形と続いており、2010/8/14現在、4回目まで公開され2回裏。読み応えのあるコラムなので、ぜひ9回まで行ってほしい。延長戦、大歓迎だが、5回コールドとか3回で雨天順延というのはやめてもらいたい。
posted by motti at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月05日

スポーツビジネスセミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんなスポーツビジネスセミナーが10月から半年かけて開催されるようだ。

MARS CAMP ~スポーツをビジネスにしたい人のための最速講座

各回の内容は
  • アスリートとお金のお話
  • スポーツメーカー
  • ジ・エージェント
  • スポーツライターになりたくて
  • スポーツメディア生き残り戦略
  • 総合型地域スポーツクラブの理想と現実
  • Do Sports! イベント企画運営の舞台裏
  • Dream Job?スポーツチームで働こう
  • スポーツ広告のチカラ
  • インターネットで変わるスポーツビジネス
  • 企業はなぜスポーツのスポンサーになるのか
など、だそうです。

受講料ですが、登録事務手数料が¥15,750(税込)、月に¥9,450(税込)だそうです。
講師陣のなかには僕も知っている方もいらっしゃいますね。面白い人たちだからいいお話が聞けるのではないでしょうか。

講義のあとには懇親会も用意されているようなので、スポーツビジネスをこれから志したい人には、スポーツビジネスを勉強するだけでなく、スポーツ業界の人と人脈を広げるにもよいチャンスではないでしょうか。
posted by motti at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年07月30日

足のサイズを測る

このエントリーをはてなブックマークに追加
原宿にあるフタバスポーツで、自分の足のサイズを測ってもらった。
サイズといってもいわゆる靴のサイズの26cmとか25.5cmというサイズだけではなく、甲の高さ、足の幅などいろいろな場所を3D測定器を使って測ってもらった。その結果が下の写真。
ashigata.JPG
自分にどの靴があっているかって、だいたい感覚で決めていると思うが、この測定器で測ると10分の1ミリ単位で足の各部分のサイズを測ってくれる。一般の人がどれだけ感覚的に靴を選んでいるかは、靴のサイズ(いわゆる足長)だけを見て、幅の単位、EとかEEとかを考えずに買っていることを思えばすぐにわかる。

ちなみに僕の場合思った以上に狭く、甲が低い。足長が長いので大げさに言うと縦長な感じ。今まで僕は幅広く、甲が高いと思っていたが実は同年齢の平均以下だった。

フタバスポーツではこの測定結果をもとに自分の足にあったサッカースパイクをオススメしてくれる。僕はアディダスのパティークX、ミズノのモレリア、アシックスのC3あたりを推薦されました。
posted by motti at 22:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年07月29日

ユース年代のリーグ戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
この週末から高校総体が沖縄県で開催される。高校サッカーの最高の舞台は冬に開催される高校サッカー選手権。しかし高校3年生時の選手権予選を経験せずにサッカー部を引退する高校サッカー部員というのはけっこういるようだ。受験や就職のため高校総体の都道府県予選で敗退した段階でサッカー部を引退する生徒が多いらしい。(ちなみに引退もさまざま。学校として3年生の部活動は総体までと決めている学校もあるし、生徒が続けるか引退するかを選択する学校もある。)

選手権の都道府県予選ではまだ3年生が引退していないチームと、1,2年生しかいないチームが対戦するということもある。受験、就職も当然大事なのだが、高校サッカーは高校時代にしか経験できないもの。選手権予選まで続けても早い地区だったら7~9月くらいには敗退ということもあるのだから、最後までがんばればいいのに、と思う。

一方で日本サッカー協会は、ユース世代での各都道府県レベルでのリーグ戦化の徹底を進めている。すでに各都道府県、リーグ戦の整備は進んでいるが、今度は、8チームのリーグ戦、ホームアンドアウェイで1チームが年間最低14試合できるように、ということになっているらしい。試合のできるグランドを持たない学校ではホームアンドアウェイがアウェイアンドアウェイになったり、ある県の地区によっては8チームで構成できず6チームのリーグ。これだとホームアンドアウェイでは14試合に達しないから、ホームアンドアウェイアンドホーム、でやるとか。

試合数の増加、勝ち負けにこだわらない、世界基準などリーグ戦を実施する意義をあげるときりはないのだろうけれど、制度だけが先に整備されて現場の実情にあったものかどうか疑問を感じる。上にあげた一部高校の3年生の早期引退による学年差、自主運営に伴う現場の先生や生徒への負担増加、試合数が増えたためテスト期間中に試合をこなさなければならないなど果たして本当に育成につながっているのか首を傾げたくなるような話も現場の先生から聞いたこともある。

リーグ戦導入に反対はしない。
けれどもヨーロッパのサッカーを何でもかんでも真似るのはいかがかな、と。そもそもヨーロッパと日本では、サッカーを運営している主体がクラブと部活動(学校体育の延長)と異なるわけだから、あちらの制度をそのまま持ってきてもうまくいくわけないだろう。サッカー協会のお偉方も昔は部活動をしていたのだから現場を理解できるんじゃないかな。現場の現実を踏まえた制度にしていくべきだ。

そういえばある懇親会でお話をした大阪の高校の先生が面白い話をしていた。
「日本はW杯でリーグ戦は突破し、トーナメントで負けた。今度はトーナメントを突破することに力を入れたほうがいいんじゃないの(笑)。」
posted by motti at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年07月28日

スポーツビジネスマンスリー創刊

このエントリーをはてなブックマークに追加
お知り合いの方がスポーツビジネスをテーマにしたウェブマガジンを創刊されました。

sbm01.jpgスポーツビジネスマンスリー(Sports Business Monthly 315円)
毎月、スポーツビジネスの実務や面白さ、問題点、そして今スポーツ業界では何が起きているのかを、余すところなく伝えるウェブマガジン。

[創刊号の内容]
Interview 荻原 健司 日本スポーツの現在地
特集@ スポーツ業界ド根性営業マン
特集A レラカムイ北海道 北の大地“第3”の熱狂
岡田 茜の 知りたい!New Sports

スポーツ・ジョブへの道かつてスポーツビジネスをテーマとした雑誌もあった。でも1,500円くらいして毎回買うのははばかれた。315円というのはとてもお手軽な金額。ウェブマガジンなんで事前に立ち読みはできないが、315円だと失敗してもいいやと思える。サッカーワールドカップも盛りあがったことだし、スポーツビジネスを志したいと思う人がまた増えたはず。なかなかいいタイミングでの創刊なのではないでしょうか。

さて、制作側の立場に立ってみると、うちも雑誌をしているが、紙媒体は印刷費、制作費が馬鹿にならない。ウェブマガジンはこの2つの大きなコストをカットできるのが大きい。といっても、ウェブならではのコストもあります。システム利用料、サーバ利用料やコピーさせない仕組み。特にコピーさせない仕組みをどうしたのかが気になる。どこのサービス、仕組みを使ったのか、今度聞いておこう。
posted by motti at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年06月15日

岡田さん、すいませんでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本 1 - 0 カメルーン

岡田監督をはじめ、選手の皆さん、すいません。僕の事前の予想は0勝3敗でした。
今回日本のトーナメント進出はないと思っている。いや、3戦全敗の可能性も高いと思っている。どのメンバーで戦っても結果がおなじなのであれば、次につながる、未来につながる3試合にしてもいいのではないだろうか。
1勝はない、と思っていました。

岡田さんが監督になった日本代表でいちばん気持ちの入った選手を見ることができた。こんなチームなら負けてもいいから応援し続けたい、と思える1戦だった。

正直、見ていてつまらないサッカーだった。メディアから酷評されても仕方のないサッカーだった。でもそんなのは関係ない。きれいに勝つことなど期待していない。今の日本で勝利を手にするにはこういうやり方しかない。そして勝つことにしか意味がない。

前半を終えた時点で1点リードしての折返しは、4年前といっしょ(しかも相手のユニフォームは黄色と緑というところもいっしょ)。4年前は乗り越えられなかった壁を今回は乗り越えた。4年前があったから今がある。そんな日本代表のつながりを感じることのできた1戦だった。

ゴールを決めたあと、本田がベンチに駆け寄って行ったのも、交代した松井をベンチで迎え、ジャージを渡してあげた俊輔の姿も、4年前を乗り越えた感じた気がする。

しかし、まだ1戦目が終わったに過ぎない。
次は優勝候補オランダ。カメルーンは明らかにおかしかった。(なぜエトーがサイド?) 次のオランダは違う。デンマークとのゲームを見たが、グループEの中でずば抜けているし、2戦目で決勝トーナメント進出を決めるべく全力を注いでくるはず。

日本は負けるだろう。でも引き分けを狙ってのぞむ、負けても最小失点差で負ける、など大人の戦いで挑んでほしい。リーグ戦はすべてのゲームに勝つことが目的ではない。まずはグループリーグを突破することが目的。

そして観戦する僕たちも大人の対応をしたいと思う。
posted by motti at 13:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。