2006年01月24日

ホリエモン逮捕

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーレン・バフェットの言葉より
「ある人が、人を雇うときに必要なのは、誠実さ、知性、そしてエネルギーという三つの素質だと言ったことがある。そして最初の要素が欠けている場合、あとの二つがあるのは最悪だと。〜(中略)〜 「誠実さ」のない人間を雇ったとしたら、その人間が鈍くて怠け者であってくれるよう祈ることになるだろう。」

僕の尊敬する人がライブドア・ショックに関して教えてくれた言葉です。
堀江前社長をはじめライブドア経営幹部は上の言葉がまさに当てはまる。彼らは能力も情熱もあったが、社会のルールを守るという誠実さに欠けていた、と言わざるを得ない。仕事への誠実さ、お客様への誠実さ、市場への誠実さ、そして社会への誠実さ。時価総額世界一を目指した彼らも最初はブレーキがきいていたのだろうが、大金を目の前にすると人間は誠実さを見失うもの、歯止めがどこかできかなくなったのでしょう。最後は社会が彼らにブレーキをかける結果となってしまった。

僕は「ヒルズ族」、「ビジネスセレブ」などチヤホヤされている人たちを見て、とても危なっかしく思えるのだが、今回の事件が彼らにもある種の教訓を与えてくれるのならよいと思う。ホリエモンが特にIT業界に与えた影響はプラス面だけを見ても大きい。彼の復活を願っているし、今回の教訓がもっとすばらしい若い世代、真の意味でのビジネスセレブを生み出してくれることにつながればよいと思う。

P.S.
昨日、今日と風邪で会社を休んでしまった。体調不良で会社を休むなんて4年ぶりくらい。たまにはいいか。

posted by motti at 22:03 | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。