2005年12月20日

SAYURI

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャン・ツィイーが好きなので日曜日に観にいった。

時々出てくる日本語(ダンナさん、お母さん・・・)、セットなど当時を生きた人間ではない僕でも違和感を感じるところはあったけれど、外国人の目を通した日本としては全体的にうまく描けていたと思う。ストーリーも日本人が作ったら、きっと最後は悲しい終わり方をするんだろうけど、この映画はハッピーエンド。自分の信念を貫けばいいことあったよっていう終わり方が、お涙ちょうだいの日本ぽくなくさわやかで後味をよいものにしていた。

それにしても出演するアジア各国の女優陣がとてもきれいだった。芸者の華々しい着物をまとうことによって輝きが増していた。特にチャン・ツィイーが自分の着物姿に見とれるシーン、僕もみとれた。しかし、中国や韓国の女優は表情や表現力が豊かだ。日本を舞台にした映画だけれど、日本人が主人公に選ばれないのがよくわかった。ただ、そのなかでも桃井かおりはいい味を出していたと思う。彼女にふさわしい役だったし、けだるい感じがとてもよく表現され、英語のなかにも彼女のニオイがぷんぷんして存在感もバツグンだった。



「日本はこんなんではない!」と思ってみると冷めてしまう人も多いようだが、そういう視点を持たず、ある女の夢物語のような軽い感じで見れば十分楽しめると思う。

posted by motti at 19:22 | Comment(3) | TrackBack(13) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
桃井かおりの存在感って場所も時も選ばないって感じで、
憧れます。私もブログに書きましたが、この映画は日本が
舞台と思って見ずに、どこか想像の国の物語として見ると
とても素直に見れると思いました。
最後がハッピーエンドなのはハリウッドの定番ということで
しょうか?(^_^;)
これからもよかったらブログの方へ遊びに来てください。私も
時々お邪魔致します。 m(__)m
Posted by ぴあの at 2005年12月20日 22:51
 トラバありがとうごさいました。こちらもトラバ致しました。
桃井かおりよかったですよねー。もっとハリウッド映画で見たくなりました。他の日本人俳優もみな頑張ってましたよ。
 今後とも、宜しくお願い致します。
Posted by トミー(猫とマンガとゴルフ〜の管理人) at 2005年12月21日 11:47
TBありがとうございました!
がんばれ日本の女優、ですよね。
一本だけ松田聖子が米国で主演したこともありましたが、
「アルマゲドン」ではゴミみたいな扱いでしたしねえ・・・。
Posted by 映画三昧 at 2005年12月21日 11:59

この記事へのトラックバック

SAYURIぃ〜
Excerpt: 映画SAYURI観てきました!奥さんと一緒に〜。 製作総指揮スピルバーグで『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督という、なかなか豪華なスタッフで、日本を舞台にした映画ということで、前々から結構期待しちゃ..
Weblog: ナイス旦那日記
Tracked: 2005-12-20 23:03

SAYURI
Excerpt:  今日は、雪の中映画「SAYURI」を観てきた。  芸者の置屋に売られた少女加代が、初恋の夢を追いながらその後都一の芸者になるまでの物語。  「Geisha」という言葉は、海外における日本のイメージ..
Weblog: ザクとは違うのよね
Tracked: 2005-12-20 23:04

SAYURI
Excerpt: 映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのSAYURI情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さ..
Weblog: □film-navi〔フィルムナビ〕
Tracked: 2005-12-20 23:36

『SAYURI』(問題作◆)
Excerpt:  試写鑑賞後、めずらしく、ハリウッド大予算ムーヴィーの記者会見に行っちゃった。ロブ・マーシャル監督を見たかったし(「会いたかった」という表現は使えないだろう)ぜひ質問したかったのだ。  いちばん聞き..
Weblog: 六本木シネマだより
Tracked: 2005-12-20 23:45

映画「SAYURI」
Excerpt: 原題:Memoirs of a Geisha チャン・ツィイーが日本を舞う、「LOVERS」で魅せた得意の舞を、今度は花街を彩る水揚げ前の芸者として、見事な扇さばきで・・・魅せる。 貧しい漁..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2005-12-21 00:25

チャン・ツィイーの芸者も違和感ない『SAYURI』
Excerpt: 1997年にベストセラーとなった原作『メモワール・オブ・ゲイシャ』 の映画化権をすぐに買い取ったスティーヴン・スピルバーグは、 映画化にあたり生前の黒澤明監督に相談をしている。 黒澤監督は「絶対、日..
Weblog: Dead Movie Society★映画三昧★
Tracked: 2005-12-21 11:52

*SAYURI・・・美し過ぎる!*
Excerpt: 監督:ロブ・マーシャル  原題:MEMOIRSOFAGEISHA製作:スティーヴン・スピルバーグ出演:チャン・ツィイー(さゆり)/ ミシェル・ヨー(豆葉)/ コン・リー(初桃)    渡辺謙(会長)/..
Weblog: うさくま広場
Tracked: 2005-12-22 00:16

SAYURI - やっと観た -
Excerpt: 今日、やっとSAYURIを観てきた。六本木ヒルズのヴァージンシネマズでの最終回。
Weblog: Chib'eri
Tracked: 2005-12-22 02:08

SAYURI
Excerpt: ハリウッドが日本を描(えが)きたいと言い出したら僕らは諦めねばならない。時代考証も衣装の着こなしも髪型も言葉も、「んなわけないだろ」のダメ出し満載はわかりきってる。だったらもう全部許して不可思議な架空..
Weblog: シネマ・ぶりざーど
Tracked: 2005-12-23 00:04

SAYURI
Excerpt: 大後寿々花‐チャンツィーはそろって演技がすんごく上手だった 芸者だから日本の映画としてみとなんだかな〜ってかんじになると思います。 日本人からみえるものと外国人からみえるものって違うんだな〜ってすごく..
Weblog: YusK Blog
Tracked: 2005-12-23 16:53

「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる
Excerpt: 「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を そこに見たか..
Weblog: soramove
Tracked: 2005-12-27 09:31

どっちが面白かった?…『ラスト・サムライ』vs『SAYURI』完全ネタバレ編
Excerpt: (前回の続き。今回はネタバレしてるので注意!) 以前、置屋の古い体質に反旗を翻した舞妓さんの集団脱走事件 があって、私はその舞妓さんと芸妓さんの二人と一晩中、 お店で飲みながら話をしたことがある。 ..
Weblog: Dead Movie Society★映画三昧★
Tracked: 2005-12-30 14:08

SAYURI
Excerpt: この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2006-01-01 16:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。