2005年12月01日

構造計画書偽造問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションの構造計算書偽造問題は深刻だ。建設業界の構造的な問題が垣間見えてくる。コスト管理と品質管理のトレードオフなものの追求、多くの会社が階層的に関わりあうプロジェクトなど、私のいるIT業界と似ている部分もあり、他人事と思えない。私の仕事を通しての感覚だと、偽造とわかっていて偽造する者にも責任はあるが、検査する人間がいるならその人間の属する会社の責任だろう。発注元により大きな責任が課せられるというのが私の意見である。それだけに記者会見や国会答弁での発注元の無責任な発言には腹が立ってくる。



また一連の発言にはマンション住人を非常に軽視しているようにうかがえる。これは、そこで日々生活しているという日常の問題プラス「住人の生命」にも関わる問題だ。命を預かる仕事をしているだけにいい加減な仕事はしてもらいたくない。安易に補償の話をし、コロコロ中味を変える不誠実な業者もいるようだが、一生に一度の買い物で不良品をつかまされ、生命の危険にまで脅かされた住人のことを一番に考えてもらいたい。企業として存続していくことも大事なことであるが、それよりも前に果たさなければならない企業としての社会的な責任があるだろう。

きっとこれは氷山の一角にすぎないんだろう。

posted by motti at 12:45 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37197515

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。