2011年03月23日

阪神大震災で被災された方の言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神大震災で被災され、現在は兵庫県西宮市の市議会議員をされる方のブログです。今回の東日本大震災のあった3/11の翌々日、3/13にアップされたエントリーです。すでにTwitterなどで多く紹介されていたので、ご覧になった方もいらっしゃると思いますが。

西宮市議会議員 今村岳司氏 imamura takeshi's neXt Design Labo
「あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻みつけられてしまっている。」
http://xdl.jp/diary/?date=20110313

阪神大震災で被災された今村さんですら下のようにお話されているのが、とても印象的でした。
私はこの地震で何も失っていない部外者です。
そして、この地震に対して何もできない無力な素人です。
ただの「被災していない人」です。

被災していない人間に被災者の気持ちが分かるわけがないのです。
分かるわけがない相手に分かったようなことを言われたりされたりすることこそが、
相手に「被災者の気持ちなんて結局誰もわからない」を痛感させます。

とにかく、自分にできることなど何もないことを受け容れることが必要です。
「何かしよう」という気持ちが、本当に自己満足ではないのか、よくよく考えるべきです。
僕も被災者の方々に、「何かしたい」、「何かしなければ」という気持ちで焦ってしまったりします。でも今村さんもおっしゃるように、僕も被災者ではなく、被災者の気持ちは分かりません。生きるか死ぬか、という経験をしたこともないので、被災者の気持ちになることもできません。

こういう事態にもすぐに対応できるプロでもない我々は、
  • 被災者の方が何かを求めたときに、すぐに対応できるような体制を作っておくこと
  • 普通に生活ができるのだから、普通に経済・消費活動をすること
  • 変に自粛だ、不謹慎だという理由で経済を停滞させ、いざ被災地が復旧・復興するときの足を引っ張らないようにすること
ということで被災地の救助・救命、復旧・復興に貢献していくべきなのではないでしょうか。
posted by motti at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのコメント
仰るとおりだと思います。
私に出来るのは節電と微々たる募金。

そして、風評被害を蔓延させる一端を担わないこと。
ほうれん草だって牛乳だって、水だって・・。

復興は日本全体でしなければなりませんよね。
Posted by ぴあの at 2011年03月24日 16:16
ぴあのさん

今やネットでいろんなところから情報を得られる時代。

いろんな情報が流れるからこそ、確かな情報かを自分で判断し、
自分が正しいと思う力を個人個人に求められていますよね。

ここ数日の風評被害、うんざりです。

それぞれがそれぞれの場所で、前を向いていく力、それを結集して
日本全体で復興したいですね。
Posted by motti at 2011年03月24日 18:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。