2010年08月16日

アクセス解析ツールはGoogle Analyticsで十分では?

このエントリーをはてなブックマークに追加
新規にサイトを立ち上げるにあたり、アクセス解析ツールの調査を行ってみました。
それで結局出した結論は、機能的にもそんなすごいことが必要なわけでもないし、サイト立ち上げ時期に売上がずばぬけて見込めるわけでもないので、Google Analyticsで十分なのではないか、というありきたりな答えに。

Analyticsが無料に対して、SiteTracker、RTMetrix、SiteCatalyst、Visionalistなど有料のツールが果たしてそのコストに見合った機能を持っているのかという疑問と、アクセス数に対してコストがかかりすぎるという懸念を感じるわけです。

それでも機能面でいうと下のようなものは、いいなぁと思いました。

■Visionalist
経路分析と行動パターン。ユーザーがサイト内でどのような遷移、行動をとっているのかが、ひと目で分かりやすそう。例えば、ある広告からどれくらい流入し、直帰し、途中で離脱した上で、コンバージョンに至ったかが、とても分かりやすい。

経路分析
vis_keiro.jpg

行動パターン
vis_koudou.jpg

■User Insight
ヒートマップ形式のログは、UIを考える上でとても参考になりそう。ここのボタンがよくクリックされているということが、誰でもすぐに分かるところが魅力的。

熟読エリア
usrin_etu.jpg

クリックエリア
usrin_click.jpg

なお今回の調査で、以下のryuka01さんのブログ「RealWebAnalytics」がとても参考になりました。
有料アクセス解析ツール14種を料金比較してみた | RealWebAnalytics
アクセス解析を使ってサイトの課題を発見する12のステップ | RealWebAnalytics
アクセス解析だけでは分からない、サイト上でのユーザー動向を追うツール8+2種 | RealWebAnalytics
posted by motti at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。