2010年07月30日

足のサイズを測る

このエントリーをはてなブックマークに追加
原宿にあるフタバスポーツで、自分の足のサイズを測ってもらった。
サイズといってもいわゆる靴のサイズの26cmとか25.5cmというサイズだけではなく、甲の高さ、足の幅などいろいろな場所を3D測定器を使って測ってもらった。その結果が下の写真。
ashigata.JPG
自分にどの靴があっているかって、だいたい感覚で決めていると思うが、この測定器で測ると10分の1ミリ単位で足の各部分のサイズを測ってくれる。一般の人がどれだけ感覚的に靴を選んでいるかは、靴のサイズ(いわゆる足長)だけを見て、幅の単位、EとかEEとかを考えずに買っていることを思えばすぐにわかる。

ちなみに僕の場合思った以上に狭く、甲が低い。足長が長いので大げさに言うと縦長な感じ。今まで僕は幅広く、甲が高いと思っていたが実は同年齢の平均以下だった。

フタバスポーツではこの測定結果をもとに自分の足にあったサッカースパイクをオススメしてくれる。僕はアディダスのパティークX、ミズノのモレリア、アシックスのC3あたりを推薦されました。
posted by motti at 22:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのコメント
40代のほぼ全般に渡って、バドミントンをしていたのですが、
生まれて初めて専用シューズを履いた時、
そのあまりのフィット感、動きよさに驚いたのを覚えています。

しっかり計測して自分にあったものを履けば怪我も少なくなるでしょうね。
Posted by ぴあの at 2010年07月31日 22:28
ぴあのさん

そうなんですよ、靴って自分にあった靴履くと全然違うんですよね。

普段履く靴もキチンと自分に合う靴を履くことをオススメします。
Posted by motti at 2010年07月31日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157966296

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。