2010年07月11日

遅まきながら日本代表を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログの更新をサボっていたら、もうすでにワールドカップも決勝戦。ともに優勝すれば初優勝となるオランダとスペインが残った。準決勝2試合の深夜の放送は、起きて見ることもかなわなかったが、決勝は体にムチ打って見たいと思う。

今日NHKで放送された10時から「サッカー日本代表 チームはこうして甦った」という番組を見た。ということで、今更ながら、海外のW杯で初の決勝トーナメント進出を決めた我らが日本代表についてコメントをしておきたい。

選手は本当によくやった。そして岡田さんもすばらしかった。土壇場での戦術変更は一か八かの賭けだったと思うが、開き直りというか、その決断は感服する。選手も監督の決断によく答えたと思う。ただ、もしカメルーン戦を落としていたら、4年前と同じくチームは崩壊していたかもしれない。1点を守りきった1戦目の勝利がすべてだった。そして、先につながる4試合だった。こういう戦い方をすれば、世界を相手でも星勘定ができるというものを示してくれた。「アンチフットボール」というジャーナリストもいるが、まずは守備をしっかり後ろで作って、というスタイルは日本のひとつの方向性を示したものだと思う。

ただベスト16の壁が高かったというのも事実。無失点には抑えたが、1点も取れなかったというのも現実。世界が死に物狂いに立ち向かってくる決勝トーナメントを勝ちきる力がないと示されたのも現実。経験がない、とひと言で片付けてしまえば簡単なことだけど、ベスト16で1勝をするにはまだまだ力が足りないと見せつけられたパラグアイ戦だった。

最後に、多くの選手が「まだこのチームでやりたかった」というコメントをしていた。野球の第1回WBCで日本が優勝したあとの記者会見でもイチローが、「このメンバーでMLBを戦いたい」という同じようなコメントをしていた。チームメートにとって最高の言葉だと思う。さらに僕は、自分の大学時代の野球部を思い出した。

チーム、あるいは組織というのは、最高の才能をもった個人が集まっただけではチーム、組織としては成り立たない。才能を持った個人が集まってもバラバラな集団であれば、個人の才能がさほどなくても結束力のある集団には勝てないと思う。スポーツというのは共通の目標も見つけやすく、結束力は作りやすいものと思っていたが、そうでもないみたい。4年前の日本代表がそうだった。

チームのために何ができるか、チームの目標を達成するために何ができるか、それをすべてのメンバーがどれだけ考えて実行することができるかが重要なことなんじゃないかと思う。チームのためにできること、それは試合に出てプレーをすることだけではない。

・川口が、食事のたびにテーブルを変えてメンバーとコミュニケーションを図ったように。
・俊輔が、交代してベンチに引き上げる松井にベンチコートを渡しながら出迎え、労いの言葉をかけたように。
・内田が、出場している選手に水を渡すために、走り回ったように。
・サブメンバーが元気を出して練習にのぞんだように。
・本田が、カメルーン戦のゴールのあと、ベンチのサブメンバーに向かって飛び込んでいったように。

そういったことの積み重ねが、1+1を3に、4にしていって結束力が生まれていったのではないだろうか。そして最終的に多くの選手から「まだこのメンバーでやりたかった」というコメントが生まれたのではないだろうか。

僕も過去の仕事において、様々なプロジェクトチームに属してきた。いいメンバーにめぐり合え、いい連携ができたとき、それは仕事の結果もよかったし、そういうときはいつもまた彼らと仕事がしたいと思ったものだ。大学時代の野球部もそうだった。

これからもそういう組織やチームに数多く属していきたいと思う。
posted by motti at 01:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカーW杯 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのコメント
今回多くの競合が簡単に敗れ去っていったのは
チーム内でのいざこざが原因とも言われましたよね。
チームプレーには個人の技術と同じくらい
チームワークが必要という事ですよね。
そしてチームワークがよければメンタル的にも安定しますし。

スポーツでも仕事でもチームワークによる達成感を得られるというのは
素晴らしいと思います。

それにしても、ドイツ、すごく整然としたサッカーで
ものすごく強そうに見えたんですけどねぇ。
Posted by ぴあの at 2010年07月11日 11:47
ぴあのさん

そうです、チームワークです。
でも仲良し集団ではありません。悪いことは悪いと言えたり、
言いたいことを言いあったり。時にはケンカになったり。
それがチームだと思います。

ドイツ、スペインのパス回しの前に勢いを完全に止められましたね。
タコの予想も当たりましたし。
Posted by motti at 2010年07月11日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。