2010年06月12日

ワールドカップ開幕

このエントリーをはてなブックマークに追加
ついにFIFAワールドカップ南アフリカ大会が開幕。

優勝国予想をしておきます。つまらないのですが、優勝はブラジル。手堅いときのブラジルは強いから。。。

開幕戦、見ました。始まると気分が盛りあがってきます。

南アフリカ 1 - 1 メキシコ

南アフリカの試合開始直後の硬さを見ると、地元開催のプレッシャーが最悪の形となり、メキシコが何点取るのかと思ったが、南アのGKがとてもよかった。彼の序盤からの落ち着きがなければ、序盤に2点くらい失点していても不思議ではなかった。

南アは徐々にペースを取り戻し開催国の強みをうまく利用できるようになっただけに、ドローで終わったのは痛かった。オフサイドを取りそびれた失点シーンと、ポストに当たってしまったカウンター。

それでも、南アはもうプレッシャーというものを感じずに次戦以降のぞめるように思う。フランスが少し抜けているかな、と思っていたグループAだが、フランスもドタバタしているようだし、開催国の決勝トーナメント突破というジンクスは守られるような気がする。

この試合の会場はヨハネスブルクにある「サッカー・シティ・スタジアム」で標高1,700Mにある。メキシコがサイドチェンジを狙ったボールが、長すぎてタッチを割るシーンが多かった。高地で開催されるゲームでは、開幕前から報道されていた、標高の影響、新ボールの影響が今後のゲームでもかなり見込まれる。

そう考えると、南アの先制点、チャバララが決めたシュート、あれも標高のことを考えたらすごいシュートだったと思うんだ。おさえの効いた、ビューティフルゴール。南アの選手にとっては標高など関係ないのかもしれない。やはり地元開催っていうのは有利だね。
posted by motti at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーW杯 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152986437

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。