2010年05月24日

アジアのトップとの差

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本 0 ー 2 韓国

点差以上の差。

日本についてあまり語りたくはない。現実をあらためて突きつけられただけ。これからの親善試合、W杯本戦も含めて現実を受け入れるだけ。

一方で韓国、今までと違うイメージを持った。ガツガツとフィジカルの強さはもちろんあるが、技術面でも日本を圧倒し、パス回しも日本よりはるかに効果的。知らぬ間に大きな差をつけられた感を否めない。さらにユース年代でも結果を残しており、この先しばらくはこの差を埋めることはできないだろう。

日本のことも注目するが、韓国がW杯でどこまでやれるのか、おおいに期待したい。アジアの最高レベルが今世界でどこまでやれるのかを測るには韓国がよさそうだ。
posted by motti at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。