2009年07月06日

体幹を使ってラクにランニング

このエントリーをはてなブックマークに追加
「体幹」ランニング (MouRa)今年の初めからランニングを始めた僕ですが、走り方といえば、我流。いいランニングフォームとは、という視点で探していて見つけた本です。

著者の金哲彦さんは元リクルートのコーチで、他にも本を執筆されています。実力別、経験別にフルマラソンの練習メニューを詳細に書いてくれている本(金哲彦のマラソン練習法がわかる本)も読みましたが、とても参考になりました。

さてこの本は体幹という人間がもつ大きな筋肉を上手に使って、楽に走りましょう!という本。Amazonのこの本のページで金さん自身が動画でわかりやすく本の説明をしてくれていますので、ぜひ動画で見てほしい。

本の中では体幹を使う方法や、体幹を鍛えるエクササイズ、体幹を利用した走り方が、写真たっぷりで説明されているのでわかりやすい。僕も自分のランニングフォームの足の運び方ばかりを気にしていたのですが、腕の振り方、腕をいかに後ろに振って肩甲骨を動かすか、というのがいちばんのポイント、というのはかなり驚きでした。

腕の振り、肩甲骨の動きを意識しているつもりですが、体の強さに自信のある僕ですので、まだまだ体幹をうまく使って楽に走っているとは思えません。持ち前の馬力だけで走っているような気がしています。

これからランニングを始めよう、と思っている人にはぜひとも読んでもらいたいと思います。アスファルトの上を長いこと走ると絶対に最初は体のどこかが悲鳴を上げるはず。ただしい走り方、少ない力で楽に走る方法もあるんだということをぜひとも知ってもらいたいと思います。
posted by motti at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。