2008年09月07日

バーレーンに辛勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワールドカップ 南アフリカ大会 アジア予選最終予選
日本 3 − 2 バーレーン

負けるかもしれない、という危惧すらしていたので、勝ったという結果だけを素直に喜んでもいいのかもしれない。でもやっぱり無理だ。勝ち点3をとった結果は称えられても、内容は全く誉められたものではない。

楽勝のはずの3−0から自滅して2失点。後半残り少ない時間を、試合をクロージングすることだけに専念すればよかったのに、醜態をさらしてしまった。情けない。。。(試合がもりあがたのかもしれないが)

試合全体を見ると日本がペースを握っていたものの、決定機をなかなか作り出すことができなかった。中東での暑さがかなりパフォーマンスが影響していたようだ。松井などはほとんどよいパフォーマンスは見られず、不慣れな左SBをつとめた阿部とともに、日本の左サイドは攻撃の起点になることはなかった。(左サイドって阿部使わないといけないほど、人材いないの?)

結局日本の得点シーン3つのうち2つは得意のセットプレーから。前半の2得点は大きく、決定機すらなかなかつくることができないなか、中村俊輔の存在価値が改めて際立った。逆に俊輔がいないとどうなっていたかと思うとぞっとする。

次はホームでウズベキスタン。守備の連携の不安も露出してしまった今日の1戦。海外組との連携期間もとれない日程を考えると不安でしかたがない。とはいえ、来年の6月まで毎回毎回こんな気持ちで試合を観戦することになるのだろうね

【関連記事】
posted by motti at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーW杯 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。