2008年08月21日

ソフトボール、金メダル。悲願達成

このエントリーをはてなブックマークに追加
北京オリンピック ソフトボール決勝  日本 3 - 1 アメリカ

予選リーグでコールド負け、昨日の決勝Tでも力負け、上野は2連投の300球越え。そんな状況のなか迎えた王者アメリカとの決勝戦。正直、勝てると思っていなかったので、よかった。悲願の金メダル。

二人の左腕エースを備えるアメリカに対し、絶対的なエースを上野一人しか持たない日本は、連投に継ぐ連投。強打のアメリカ打線を抑えきれるかというところがポイントだったが、本人も試合後に語ったように気持ちが違った。そして何より日本打線が先に2点を取ってくれるたのが、上野を何より助けたし、7回表の3点目も大きかった。大黒柱・上野の活躍が光るが、チーム全員の勝利。

テレビ放送の解説を勤めたのが、アテネまで日本ソフトボールを引っ張ってきた宇津木前監督。できれば彼女に監督として金メダルを取ってもらいたかった。4年遅れてしまったが、宇津木さんが育て創りあげてきたものがあったから、今回の金メダルがあったことは間違いない。宇津木さん、あなたのおかげですよ。

北京オリンピック以降ソフトボールが正式競技から外れる。4年後彼女たちの世界への挑戦を見ることができないのは非常に残念である。もうこうなったら8年後に東京でオリンピックを開催して公開競技でやりましょう。
posted by motti at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京オリンピック | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。