2008年06月22日

骨折と日本代表

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日のフットサルのケガ、朝起きたらすごい腫れていたので病院でレントゲンとってもらったら、右手薬指骨折。先月の顔に引き続きまたもや。フットサルをするのも考えないといけない。。。サッカー&フットサルはするものじゃなく、みるものになってしまうのかな。

で、見るほうのサッカー。3次予選、最終戦。勝つには勝ったが、あれでよかったとは誰も思わないだろう。
結局6月の3次予選4試合で岡田ジャパンがどう攻めたいのか、分からなかった。最初から予想される相手の守り方に対してどう攻めるか、策を考えていたのだろうかと疑問に思ってしまう。引いたDFラインを前に無意味に左右にボールを振り分けるだけで、どうしたら前に進めるかを考えているようには見えなかった。

9月から始まる最終予選は、レベルが1つも2つもあがる相手。エリアの使い方を考えないといつまでたってもゴールを奪う予感を感じることもできないだろう。攻めるべきエリアは前にもブログで書いたが、下図の@、A。ここにいかに進入することができるかが、課題となる。

side_atack.jpg
posted by motti at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。