2011年05月03日

癒しのスポット

このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカーなりランニングなりしていると、とうぜん体に負荷をかけるので、そのうちどこか異常が出てきます。特にサッカーだと接触プレーも多いので、ケガすることも多いです。

先月上旬足を強打し、びっこを引くくらいの状態だったのですが、その影響か今度は腰の状態が悪くなり、やがてヒザにも違和感を感じるようになったため、今日は久々に接骨院に、体を癒しに行ってきました。

中村橋の整骨院・接骨院「まえやま鍼灸接骨院」

もともと通っていた、家の近所の接骨院で働いていた先生が、約1年前に独立され、練馬区中村橋で開業されていたので、そちらに初めてお伺いしました。

名医です!神です。

その先生は前山先生とおっしゃいます。スポーツのケガのこともよくご存知で、適格な治療をしてくれます。また単にこちらが痛いといっている部分だけでなく、その原因となる部分まで探ってくれるから、とても安心できます。

接骨院の先生にかぎらず、お医者さんの中には、こちらが不安に思っているから質問をしようとしているのに、話をさえぎってお医者さんが一方的に話すことが多いのですが、前山先生は一度全部こちらの話を聞いてくれます。そのうえで質問への回答、アドバイスなどをしてくれます。一度受け止めてもらえるというところが、とても信頼できます。(前山先生も話は好きですよ!)

お近くにお住まいの方で、近所にいい接骨院がなくて困ってる方がいらっしゃったら、ぜひ一度通ってみてください。本当にいい先生ですから。

心配なところといえば、お休みは祝祭日だけ。とは言いつつも、この3連休も予約制で開院していたし。。。

先生、患者さんのためとは言え、働きすぎですよ
posted by motti at 21:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2011年05月01日

読書メモ「40代を後悔しない50のリスト」(大塚寿 - ダイヤモンド社)

このエントリーをはてなブックマークに追加
40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則気持ちはいつも20代(いや、言いすぎか)、常に30歳と若づくりに心がけてはいますが、現実として来年40歳を迎えますし、社会からは年相応のものを求められることもありますので、手にすることをためらいつつも買いました。

人生が仮に80年としたら(僕はもっと生きてやりますが。)、40歳は折り返し地点。
20代、30代に積み重ね来たものの「収穫」を始めるのが40代、40代はやりたいことができる時期、と著者は言います。一方で公私共に他人に引っ張られるのが40代とも書かれています。そして多くの年配の経営者や部長クラスの方が、後悔しているのが40代の過ごし方だったそうです。

正直、50歳になった自分をまだ想像できません。50歳になったときに過ごした40代を後悔しているかどうかなんてもっと分かりません。

40歳になるまでは、20代からある程度想像できていたような気がします。実際5年後、10年後を考えたキャリアプランを立ててきました。そして、100点満点をつけれるわけではなし、「もっとやれた」と思うこともありますが、それなりに自分自身を評価しています。

ただ前述のとおり、今から10年後どうなっているかはやはり想像できません。5年後がどうかも自信がありません。

だからこそ、これからは1週間をワクワクできるように毎日を充実したものにしていきたいとこの本を読んで強く思いました。30代までに蓄積されてきた僕の強みを軸に、新しいことにチャレンジする勇気を持って、家族やいっしょに働く人との毎日を大切にしていきたい。

さらに今までは図らずも仕事中心の人生だったけど、プライベート、家族、地域、社会などにバランスよく時間を配分できるようなライフプランにしていきたいと思います。

この本を読んで実践しても、きっと後悔することはあると思います。とはいえ、先輩達の後悔を知っておくことに損はないと思います。ひとつでも後悔することが減ることになれば。。。

同窓会があったら、同級生にぜひおすすめしたいと思う1冊でした。

「40代を後悔しない50のリスト」(大塚寿 - ダイヤモンド社)
posted by motti at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | BOOK | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。