2010年08月25日

Yahoo!リスティング広告のキーワード挿入機能

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!リスティング広告(昔のOverture。こっちのほうがいいやすい、書きやすい)を利用しているが、ぜひオススメしたいのが、「キーワード挿入機能」。いい例かどうかわからないけど、こういう感じ。

我々が家電を販売しているオンラインショップ「ヤマシタ家電」として、出稿しているキーワードが「デジカメ」、「液晶テレビ」、「DVDプレーヤー」の3つである、としよう。そして以下のような広告の出稿を検討している。
タイトル:○○買うならヤマシタ家電
説明文:決算セール。○○をどこよりも安い価格で販売中!さらに送料無料
この場合、「○○」のところにキーワード挿入機能を使えば、ユーザーがYahoo!で「デジカメ」というキーワードで検索すれば、「○○」のところに「デジカメ」があてはめられて広告が表示される。
タイトル:デジカメ買うならヤマシタ家電
説明文:決算セール。デジカメをどこよりも安い価格で販売中!さらに送料無料
同様に「液晶テレビ」で検索すれば、
タイトル:液晶テレビ買うならヤマシタ家電
説明文:決算セール。液晶テレビをどこよりも安い価格で販売中!さらに送料無料
と広告は表示される。ただし、「DVDプレーヤー」の場合は、タイトル(15文字)、説明文(33文字)とも文字数制限にひっかるため、表示されない。そういうときのため、補完テキストを設定することができる。ここでは仮に「家電」と設定しておくと、「DVDプレーヤー」などの場合は、以下のように表示される。
タイトル:家電買うならヤマシタ家電
説明文:決算セール。家電をどこよりも安い価格で販売中!さらに送料無料
Yahoo!の検索では、ユーザーが入力したキーワードと同じ言葉が、広告のテキストのなかに存在した場合、太字で表示されるのでより目立つことになる。上記の例では、「デジカメ」や「液晶テレビ」が太字で表示されることとなり、「デジカメ」や「液晶テレビ」に興味を持っているユーザーに、より目を引くことになる。つまりクリックされる可能性、クリック率の向上につながるわけである。

さらにキーワードと親和性の高い広告ということで、広告の品質も高くなる。品質が高くなるというのはとても重要なこと。広告の掲載順位を上げるためには、広告の出稿単価をあげることがよく知られているが、品質を向上させることも掲載順位向上につながるのだ。つまり掲載順位は「出稿単価×広告の品質」で決まる。出稿単価はコスト増を意味するが、コストをかけなくても品質を向上させることでも広告の掲載順位があがり、さらにクリック率の向上にもつながる、というわけだ。

ちなみに同様の機能はAdWordsにも存在する。リスティング広告を出稿する際には、「キーワード挿入機能」は絶対に利用するべき。さらに「代替テキスト」という機能を利用すれば、ひとつの広告でかなり柔軟な広告出稿が可能となっている。当社もこの「キーワード挿入機能」を利用してから広告の品質が向上し、クリック率も向上、掲載順位も高位置をキープする、という好循環が生まれている。

キーワード挿入機能の詳細はYahoo!リスティング広告の動画での説明を見るのがいちばんと思うので、以下のURLから参考にしてほしい。
Yahoo!リスティング広告 公式ラーニングポータル スポンサードサーチ 中級編
posted by motti at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月24日

サッカー代表監督がまだ決まらない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカー日本代表の新しい監督選びに苦戦している。

原委員長「世界で勝負して日本を任せられる監督を連れてくる」 日本代表監督選考に関するブリーフィング | スポーツナビ

じっくり決めればいいんじゃないでしょうか。9月に代表戦が2試合も組まれていることもあるが、それに間に合わせるような形で慌てて決定する必要も全くないと思うし、相手があっての交渉ごとなわけだし。

これまでの報道や原委員長の会見を見るかぎり、世界的にも実力を買われ、著名な人にお願いしようとしているわけだし、ヨーロッパや南米の指導者が、4年間東洋の端っこに来るなんて、向こうも相当の覚悟が必要なのだから。過去2回は日本とゆかりの深い人を選んだから、外国人であれスッと決まったということもあるから、時間がかかるのは仕方のないことではないでしょうか。

それはともかく協会は、4年間日本のサッカーをどうしたいから、この監督を選ぼうとしている、というのがどれだけ明確になっているのかな。原さんが7/15の時点でレポートを出して、それに基づいて監督候補と交渉を始めているのだから、原さんのレポートがある程度協会の指針と言えるのだと思うが、南アフリカW杯までの4年間とW杯を戦ったあとに、どんな指針を協会として出して監督選考に当たっているのだろうか。原さんのレポートとやらをじっくりと読んでみたい。

02年の後も、06年の後も、W杯のあと協会はしっかりとW杯の総決算をしないといけない、それができていないと話すジャーナリストがいたけれど、南アフリカ大会のあとの総決算は協会内部でできているのだろうか。もしそうであれば、ぜひその結果は知りたいと思う。どんな4年間を歩むのか、それは知りたいでしょう。そのあたり何かしら協会はレポートしないとまた騒ぐジャーナリストが出てくるでしょうね。

とはいえよほどの急展開がないかぎり、9月の代表戦は新しい監督は決まらないでのぞむことになりそう。監督が決まらずどんどん試合日程が決まっていくことに、あいかわらずの協会のマッチメイクのまずさを感じるのだが、新監督が決まらないなか、代表戦はどのような目的を立てるべきなのだろう。ニュースでは、ベストメンバーでのぞむべく海外組にも声をかけているという話も聞くが、それでいいのだろうか。

来年にはアジアカップ、南米選手権が控える。
新しい代表がどんなスタートを切るのか、楽しみではあるが、きれいなスタートとはならないようだ。

posted by motti at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月22日

絵てがみを描いてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
先週買った絵てがみセットで、絵てがみを初めて書いてみた。へたくそだけれど、最初の作品なので記念にブログにもあげておこう。(上が朝顔です。下はなすび。)

絵を描くのは楽しいけど、色を作るのが難しい。実は朝顔は本当はこんな色じゃないし、なすびももっと黒い。
朝顔.jpg
なすび.jpg


posted by motti at 12:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵てがみ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月21日

コントロールできることとできないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
MLBエンジェルスの松井が、インタビューなどでよく言うセリフ。
物事には自分でコントロールできることと、できないことがある。できないことにあれこれ悩んでも仕方がない。自分の努力では解決が困難なわけだから
若い頃からこの言葉をよく発していた。年下なのにすごい深いことを言う、と常々感心していた。裏を返せば、自分でコントロールできることにはとことん努力する、ってことなのだが、「物事には自分でコントロールできることと、できないことがある。」という見方にすごい感心をしていた。

「自分には影響を与えることのできないものを知ったうえで、自分ができることをする」というのは、自分が今いるこの条件のなかで何ができるか、その条件のなかでベストを尽くすには何をすべきかということを分かっていること。つまり「物事には自分でコントロールできることと、できないことがある。」ということが分かっている、ということは今の自分、自分の現実をしっかりと見極められているということと言える。

今、僕は今の自分の現実をしっかりと見つめられているだろうか。
自分の周りで起こった物事に対する判断をきちんと、自分ではコントロールできる、できないの上に立ってできているだろうか。コントロールできないことにヤキモキし、コントロールできることへ注力を欠いたりしていないだろうか。

今の自分はいつもしっかりと見つめているようにしたい。
posted by motti at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月19日

マーケティング

このエントリーをはてなブックマークに追加
マーケティングとは、日本マーケティング協会の1990年の定義によると
「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。」
とある。はてなキーワードによると、マーケティングとは
売るための仕組みづくり。
一般にマーケティングと言うと、「広告」の事と思ってる人が多いが、それは誤解。
製品、流通、価格、販促・広告、これら全ての要素をいかに組み合わせるかが「マーケティング」である。
とある。マーケティング=広告と思っている人など今はいないと思うのだが、広告代理店の方とかは案外そう思っているのかもしれない。また、マーケティング=リサーチと思っている人もいると思うが、これは「マーケティング・リサーチ」といえ、マーケティングの一部でしかない。

マーケティングの4Pという言葉があるが、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、販促(Promotion)の頭文字をとって4P。売るための仕組みを作るために、4つのどれが欠けてもダメで、バランスよく4つのPに対しての打ち手を講じることが必要、という考え方。思考のフレームワークとしてもよく利用される。

また上記4つすべてを押さえるとしても、リサーチをしてその結果を分析し、それぞれの大枠の戦略を考えただけで、マーケティングが完了したわけではない。例えば流通なら、どの経路だと、どういう条件で流通させることができるから、あるいは今回の商品のターゲットはこれだから、この流通経路にしようといったことを具体的に考えて、業務に乗せることもマーケティングとして必要なこと。

戦略も必要だけれど、戦術や実行部隊もマーケティングの一翼を担っている。それらがないとマーケティング、売れる仕組みづくりは解決しない。決して一部門や一人でできることではない。戦略の中で、会社としてどういう戦術で実行していくか、実行してうまくいかなかったら新しい戦術はどうするか、それを考えていくこと、そのサイクルをまわしていくこともマーケティングなのだと思う。
posted by motti at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月17日

Jリーグチャンネルって必要?

このエントリーをはてなブックマークに追加
序盤のつまずきでもう今年はダメだと半ばあきらめていたところ、上位陣の潰しあいのすきに前節終了時に首位との勝ち点差6の6位にまで浮上したガンバ大阪。そして今日は、万博で王者鹿島を迎え撃つ大一番。結果は試合開始早々に先制されるも、終了間際に追いつきドロー。勝てなかったのは残念だが、負けなかったことも大きい。

と、この試合のハイライトを映像で見たいと思い、放送されるかどうか分からないTVのスポーツコーナーには期待せず、ネットで映像を探してみる。23時現在、YouTube他、どのサイトにも見つけることができず、あきらめる。

ところで、YouTubeには「Jリーグチャンネル」なるJリーグの公式チャンネルがある。
http://www.youtube.com/user/jleaguechannel

「Jリーグチャンネル」と言っても、試合のハイライト映像などは公開されていない。ライブ観戦を促がすことを目的とした、プロモーションサイトである。某女子アイドルがJリーグの公式マネージャーとなり、彼女の映像が中心となっている。

正直要らない。誰をターゲットにしているのだろうか。このアイドルのことはよく知らないのだが、高校生の男子などに人気のあるアイドルなのだろうか。このアイドルがケーキを食べている映像が、なぜスタジアムに向かわせることになるのか理解に苦しむ。



こんな映像より、試合のハイライト映像、試合の熱い映像を流した方が、スタジアムの熱気が伝わるのではないだろうか。

せっかく映像のライセンスを持っているのだから、もっと有効に使ってほしい。

ファン心理で言わせてもらえれば、「公式チャンネル」と歌うのであれば、地上波での露出が少ないのだし、ハイライト映像くらい、どのテレビ局のスポーツニュースよりも早く流してくれ。

あー、今日のガンバの試合のハイライトが見たい!
posted by motti at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月16日

アクセス解析ツールはGoogle Analyticsで十分では?

このエントリーをはてなブックマークに追加
新規にサイトを立ち上げるにあたり、アクセス解析ツールの調査を行ってみました。
それで結局出した結論は、機能的にもそんなすごいことが必要なわけでもないし、サイト立ち上げ時期に売上がずばぬけて見込めるわけでもないので、Google Analyticsで十分なのではないか、というありきたりな答えに。

Analyticsが無料に対して、SiteTracker、RTMetrix、SiteCatalyst、Visionalistなど有料のツールが果たしてそのコストに見合った機能を持っているのかという疑問と、アクセス数に対してコストがかかりすぎるという懸念を感じるわけです。

それでも機能面でいうと下のようなものは、いいなぁと思いました。

■Visionalist
経路分析と行動パターン。ユーザーがサイト内でどのような遷移、行動をとっているのかが、ひと目で分かりやすそう。例えば、ある広告からどれくらい流入し、直帰し、途中で離脱した上で、コンバージョンに至ったかが、とても分かりやすい。

経路分析
vis_keiro.jpg

行動パターン
vis_koudou.jpg

■User Insight
ヒートマップ形式のログは、UIを考える上でとても参考になりそう。ここのボタンがよくクリックされているということが、誰でもすぐに分かるところが魅力的。

熟読エリア
usrin_etu.jpg

クリックエリア
usrin_click.jpg

なお今回の調査で、以下のryuka01さんのブログ「RealWebAnalytics」がとても参考になりました。
有料アクセス解析ツール14種を料金比較してみた | RealWebAnalytics
アクセス解析を使ってサイトの課題を発見する12のステップ | RealWebAnalytics
アクセス解析だけでは分からない、サイト上でのユーザー動向を追うツール8+2種 | RealWebAnalytics
posted by motti at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月14日

スポーツの面白いコラムを2つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
日経BPに連載されているスポーツに関するコラムを2つ。とても面白いのでぜひご紹介を
(すべて読むには日経BPの無料会員登録をする必要があります。)

■森本美行のスポーツ解剖学 データでひもとく試合の“真実”
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20100511/214345/

データスタジアムのエグゼブティブ・ディレクターである森本さんのコラム。現在話題は野球のセイバー・メトリックスのことに移っているが、サッカーのワールドカップ期間中はサッカーがテーマ。日本代表の試合をデータから分析したコラムが掲載されている。データスタジアムの創業者森本さんならではの、「データ分析からの視点」が新鮮だ。

こういう分析ができる人が増え、こういうコラムを書くことができる人が増えれば、日本のサッカーも変わるのかもしれない。指導・育成という点からも、ジャーナリズムという点からも。

■激走!ベンチャー・スタジアム 〜僕の楽天イーグルス創業記〜
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100624/215128/

2004年、新たに誕生したプロ野球チーム「楽天イーグルス」の創業メンバーだった南壮一郎さんのコラム。楽天イーグルスを立ち上げ前からどのようにビジネスサイドが動いてきたか、当時現場にいた南さんの具体的な取り組みを赤裸々に語っていて、スポーツビジネスの現場の様子が伝わってくる。

スポーツビジネスを目指している人、特にチームのフロントの人間として働きたいと思っている人が、若い人には大勢いらっしゃると思うが、そういう志がある人たちには、とても参考になる連載だと思う。

コラムは野球らしく、1回目が1回表、2回目が1回の裏という形と続いており、2010/8/14現在、4回目まで公開され2回裏。読み応えのあるコラムなので、ぜひ9回まで行ってほしい。延長戦、大歓迎だが、5回コールドとか3回で雨天順延というのはやめてもらいたい。
posted by motti at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月13日

プレスリリースがよく出るのは木曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加
企業がプレスリリースを配信するのが多い曜日は木曜日
http://web-tan.forum.impressrd.jp/n/2010/08/11/8587

何曜日が多いか少ないかの理由を作り手側、送り手側の事情で書いているが、受け手の事情から何曜日がいいのかを知りたい。

月曜日が少ないのは受け手側の事情が強いのではないだろうか。月曜日は受け手が週明けで忙しいから見ている暇もないのではないだろうか。

この調査結果から月曜日が少ないから多くの人が見てくれるというのは危険な発想かと。
posted by motti at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年08月11日

とあるお店で

このエントリーをはてなブックマークに追加
本日こちらで取引先さんとお食事会。

上海料理 茶々苑
http://www.cha-cha-en.jp/

オーナーさんとお話することができた。オーナーさん、とても面白い方でした。

料理も美味しかったですが、オーナーさんがとても魅力的でとってもパワーをもらった気がする。

人間ましめに働くことももちろん大切なことですが、まじめに真剣に遊ぶことも大切です。まじめに働くだけでは、柔軟な発想に限界を感じる、そんな魅力的なオーナーさんでした。

人生を豊にするためにもまじめに遊ぶことも考えようと思います。
posted by motti at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。