2010年02月27日

真央、銀メダル。バンクーバー五輪雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加
真央ちゃん、銀メダル。
演技直後のインタビューでの涙が印象的だった。負けず嫌いの真央ちゃんの全てが出ていたと思う。

あの涙は、金メダルに届かなかった、というよりは完璧な演技ができなかった自分自身への悔しさがにじみ出た涙だと思う。完璧に演じたライバルとミスをしてしまった自分。

でもシーズン開始当初の大スランプからよく立ち直ったと思う。よくがんばりました。

冬のオリンピックって始まる前はこちらもモチベーションが低いけど、実際始まるとのめりこんでしまう。フィギュアを除けば普段から関心度の少ない競技ばかりだけど、テレビで見るとやはり見入ってしまう。オリンピックで初めて知る日本人選手もたくさんいるんだけど。

マイナースポーツだけど、世界の中でがんばっている選手を、オリンピックとオリンピックの間だけではなく、普段から応援したりサポートしたりできないものかな。

今回僕も反省すべき点があるんだけど、オリンピック以外では興味の低い競技や選手ばかりだから、さまざまな情報はマスコミから得るものがほとんどとなる。

けっこうマスコミに騙されました。いろんな形容詞をつけてさもすごい選手だと伝える常套手段に。競技前に僕もかなり期待してしまいました。そして結果を見てムチャクチャがっかりというケースが何度もあった。反省。

普段を知らないからなあ。その競技や選手が世界のどのみちレベルにあるとか。

オリンピックという大舞台でどれだけ自分のベストをだせたか、それを見る側も評価できるようにしないといけないですね。
posted by motti at 23:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年02月25日

亀の甲より年の功

このエントリーをはてなブックマークに追加
何気ない会話のなかで、自分の真理をついてくる。そんな年長者の方の鋭い突込みには驚くばかりである。

そういう指摘をしてもらえることをありがたく思わないといけないし、そういう意見は大事にしないといけない、と思う。

突っ張って自分は大丈夫だ、まだがんばれると無理するだけでなく、心理的に頼れる人がそばにいてくれることは、精神安定上も非常に大事なことと思う。

(何のことかわけのわからないことだと思うが、自分向けのメモとして。。。)
posted by motti at 01:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年02月17日

号外メーカー

このエントリーをはてなブックマークに追加
パナソニックがバンクーバー・オリンピック期間中に、ビエラのWEBサイトでやっている企画「号外メーカー」。ユーザーの写真と、号外メーカーの用意するパーツを合わせて、号外新聞を作成することができる。

ということで早速作ってみました。(写真はF.インザーギ)

vancouver_img.jpg最後に自分のアップロードした写真の大きさや配置を変更できるという、気の効いた機能がついているのがとてもうれしい。

そういえばこういうのと似た企画、うちの会社でも考えてみたこと、あったなあ。。。

大見出しは、「金メダル」、「勝利」などスポーツネタだけじゃなく、「いよいよ結婚か」などワイドショーネタ的なものもあり、スポーツ新聞の一面を気軽につくれるところがおもしろい。

ちゃっかり紙面下部にはビエラの広告が入っています!
posted by motti at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年02月16日

JABULANI

このエントリーをはてなブックマークに追加
jabulani.jpgDVDの撮影で使ったJABULANI。

今年のW杯の公式球。ホンモノです。

少し僕も蹴ってみた。まともに当たらなくてもピューって飛んでいく。

高校生に蹴らせると、彼らも決してむちゃくちゃ上手ではないからか、たまにクロスが無回転になり見事に落ちていき、中にいる誰も合わせられない。。。

トッププロに合わせて道具が進化していくのもいいと思うのだが、そこまでいかない育成年代にとっては、彼らの技術の成長という観点から見ても、あまりオススメできないボールだと思う。

スパイクやシューズも衝撃をやわらげる機能がついているけれど、これらも進化しすぎていて、小中高生が利用すると、体本来が持つ、ヒザを使ってジャンプや走るときに足の裏から来る衝撃をやわらげる機能が発達しないらしい。シューズの機能に頼っている子供たちはすぐにヒザを痛めるとか。

道具の進歩と人間の技術の進歩。水泳など他の競技でも話題にはなるけれど、適度なバランスが必要だと思うし、作る側も売れることだけを考えずに、そういうことを意識するべきだと思うなぁ。

JABULANI。
トッププロが最高の技を披露するW杯で、このボールもどんな活躍をするかは楽しみです。
posted by motti at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年02月11日

代表初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本 3 ー 0 香港

やっと点をとった。そしてやっと勝った。
キレイなゴールはひとつもなかったけど、格下相手に不満な得失点差だけど、まずは勝てたことはよかったのではないのでしょうか。

それ以外に評価すべき点はない。

あいかわらずゴールへの道筋は見えない。W杯本戦で対戦する3か国を相手にこんなにボールキープできないなかでどうゴールをめざすのかは全く伝わってこない。

日曜日に韓国との対戦を控えるが、まず間違いなく歯がゆい思いをするだろう。今日の勝利で吹っ切れて快勝となればうれしいが、スコアレスになるならまだ惨敗したほうがいい。

日本の敗戦を願うなんて本当にさびしい話だ。。。

女子は岩渕が2ゴールをきめたらしい。女子のほうが楽しみがある。
posted by motti at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年02月09日

下取りセールの靴がアフリカへ。3年前のプロジェクトを思い出す。

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の報道ステーションの特集で、百貨店の下取りセールで子供靴がNPO法人を通じて、アフリカの子供たちに送られていることが取りあげられていた。

アフリカに靴を送っているNPO法人はジョイセフさん。
実はジョイセフさんとは当社もかかわったことがある。2007年に当社で日本国内で不要になったサッカーボールを集めて、アフガニスタンに贈るというプロジェクトを、ジョイセフさんとやったのだ。結果は300個以上の寄付をいただき、アフガニスタンに贈ることができた。

「サッカーボールを贈ろう」プロジェクト | なせばなる。。。

下取りセールで集まった日本の不用品が、アフリカの貧しい地域の子供たちの役に立っているというのはひじょうにうれしい話である。下取りセールに靴を出した日本の人たちが、アフリカに靴が送られるということを知っていたかどうかはわからないが、何も知らずに自分たちの靴がアフリカに送られた、という方が美しいことなのかもしれない。

上のプロジェクトに関わったときにも痛感したのだが、寄付とはいえ外国にモノを届けるとなると、莫大な輸送費であったり、関わる人の人件費もかかる。「寄付」という行為を美しいと感じるのが一般の人だと思うが、やはりお金が必要であり、寄付の間に入る人、団体からすると、いらないモノを出すだけでなくカネも出してくれるとうれしいというのが本音だと思う。善意で寄付する人に「カネも出せ」とはなかなか言えないことだし。

当時も僕は同様なことをブログに書いているのだが、報道ステーションでも輸送費の話は触れられており、改めて思い出した。(当時のエントリー「寄付する側の心構え | なせばなる。。。) 寄付をする側の心構え、というのはぜひ知る必要があると思うし、裏事情を知らずに善意の気持ちを振りかざしすぎるのもどうかと思うと、今一度ここに記しておきたい。
posted by motti at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年02月08日

Jクラブ社長 → 観光庁長官

このエントリーをはてなブックマークに追加
前大分トリニータ社長の溝畑さん、今は観光庁の長官なんだ。しらなかった。。。(恥ずかしい?)

下のシンポジウムで基調講演をされる。

社団法人スポーツ健康産業団体連合会 第4回シンポジウム
テーマ スポーツは地域の未来を拓く 〜 スポーツを起爆剤とした地域の活性化 〜(PDF)


一昨年は地方クラブのモデルクラブともてはやされたのもつかの間、昨年の成績不振、経営不振で一気に奈落の底に落とされたトリニータ。月並みですが、クラブ経営の不安定さ、マスコミの手のひらを返したような対応には驚いたけれど、少なくとも一昨年ナビスコを制したあたりまでは、溝畑さんの貢献度はとても大きかったと思うのだが。

観光庁長官就任のいきさつも、こう書かれると本当にお気の毒に思います。
「お友達人事」で株下げた前原国交相。観光庁長官交代劇でポスト鳩山に黄色信号? 〜 JBpress(日本ビジネスプレス)

そのほかにもネットで記事を検索すると、トリニータをほっぽりだしたとか厳しい記事もあるが、溝畑さんには、地方都市とスポーツの現場で経験してきたことを十分に生かしてほしい。クラブの社長で、どんなちっぽけであれ、官公庁のトップとかなかなかなれないでしょう。少なくとも普通の役人にはならないでくださいね。
posted by motti at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年02月06日

1月のRun集計&サッカー中国戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
先月はかなりランニングをする日を作ることができ、月間で69km走ったことになる。
run_jan.jpg

(図はJogNoteの1月分のグラフ。)

ヒザの痛みに苦しんだ1ヶ月。太ももの筋肉の強化が課題。
グラフを見るとわかるのだが、ランニングは週末中心で、どうしても中5日くらい空いてしまうと、強化という面では効率が悪いし、距離を延ばすこともしづらい。平日も1回くらいは走ることができるよう、仕事を調整したいと思う。

それから時計を買おう。
今は近所の工場か、学校の時計で測っているので分単位でしかタイムがわからない。

さてさて、話題は変わってサッカー。
今日も代表はスコアレスドロー。ゴールへの道筋を全く感じることができない90分間だったことは、先日のベネズエラ戦と変化なし。「踊る大4連戦」のうち、すでに2戦で心が踊ることはなかった。失意の2連戦である。

どうやって点を取るつもりなんだろう。どうやって失点を防ぐつもりなんだろう。
試合前のインタビューで「チーム・コンセプト」という言葉が何度も出てくるけれど、岡田ジャパンのチーム・コンセプトって何なんだろうか。中盤でパスを美しくまわすこと?ゴールはとれなくていいの?W杯に出場しない国とやって守備面での課題の確認をすることができるの?

勝つための、点をとるためのチーム・コンセプトなんてないんじゃないのか、というのが今日僕が出した結論。

お昼に行われていたなでしこジャパンの方が断然面白かった。ゴールに向かっていく形がわかるし、キモチも感じられるし。岩淵という16歳の期待の若手も出てきたし。(そしてこの娘、顔もかわいい。)

男子はグループリーグで何とかする意欲を見せてほしい。「ベスト4」なんて誰も達成できないなんて、わかっているし、そんなことを真面目に話しているべきではない。3戦惨敗か、1勝でもできたらすごいってポジションだと認識して、しっかり地に足をつけて強化に時間を使ってほしい。
posted by motti at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年02月05日

チャレンジデー

このエントリーをはてなブックマークに追加
笹川スポーツ財団が実施している「チャレンジデー」というイベントをご存知でしょうか。

チャレンジデー2010
チャレンジデーとは、毎年5月の最終水曜日に世界中で実施されている、住民参加型のスポーツイベントです。

この日は、人口規模がほぼ同じ自治体同士が、午前0時から午後9時までの間に、15分間以上継続して何らかの運動やスポーツをした住民の『参加率(%)』を競い合います。

対戦相手に敗れた場合は、相手自治体の旗を庁舎のメインポールに1週間掲揚し相手の健闘を称えるというユニークなルールが特徴です。

素敵なイベントです。

僕も知らなかったのだが、毎年5月の最終水曜日は国際チャレンジデーとなっていて、世界各国でスポーツで交流を図る催し物が開催されているようである。カナダが発祥の地でカナダでは1983年からスポーツ振興の一環として始まっていたらしい。

どこかの自治体と競争、というルールなしにやれたり、年1回ではなく月に1回とか2ヶ月に1回という頻度でできるようになればもっといい。

最近15分以上運動したことはありますか?
posted by motti at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加

2010年02月02日

気持ちも冷めたベネズエラ戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
shinagawa.jpg
日本 0 - 0 ベネズエラ

試合の内容、結果とも何も見るべきものがないゲームでした。
シーズンオフ明けの初の親善試合、コンディションも整っていないのは十分に理解したうえで、この低パフォーマンスには落胆した。後半の終盤の頃には激しい眠気に襲われてしまった。

4年前のドイツ大会が1分2敗。改めて示された世界とのレベル差。そして日本代表への失望。
4年後の今回の南アフリカ大会、僕は残念ながら3戦全敗の可能性が高い、と予想している。4年前に現実を知った多くのファンも、そう感じているのではないだろうか。

もし3戦全敗だったら、いやグループリーグ突破がならなかったら、サッカーを取り巻く環境はとても厳しいものになるし、うちの会社も厳しくなるかもしれない。

しかしながら、今日の試合を見るかぎり、代表のグループリーグ突破に期待感を持てそうにない。

上の写真は今日JR品川駅のコンコースで撮影したもの。
ソニーの本社が近くであり、W杯のオフィシャルスポンサーでもあるソニーが写真のような展示をしている。そのソニーがサッカーに何を求めてスポンサードしているかを書かれたのが下の記事。

ソニーはフットボールのどこに魅力を感じたのか?: サポティスタ

当然ながら、グローバルな企業であるソニーは、少なくとも日本の中だけのサッカーを見てはいない。世界でもっとも盛んなスポーツとしてのサッカーだからお金を出している。

アジアで強くとも世界で勝てない日本代表。4年間で世界との差が広がってしまった日本代表。その姿を見てさらにファンが離れ、スポンサーも離れていったとき、日本のサッカーはどうなるのだろう。

W杯のあと、今年の後半、Jリーグ開幕以降初めて日本サッカーは危機を迎えるのかもしれない。

その危機を迎えさせないためにも、だから、W杯でがんばってほしい。
posted by motti at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | はてなブックマークに追加
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。